スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスティアのビーチへ

2009.06.18 08:24|未分類
火曜日
幼稚園の後、デイビッドの大の仲良しのクラスメイトSのお母さんAにオスティアのビーチへ連れて行ってもらう。6つシートのある大きな車に、子供4人ママ2人。ビーチまでの道、車の中からローマの松並木を楽しむ。着いたのは、オスティアのプライベートビーチ。Sの家族は、今年ここの施設に、温シャワー付きの小屋を他の4家族とシェアして1シーズン借りたのだそうだ。前から、いらっしゃいよ、と声をかけてもらっていて、やっと実現した。
Sは場所に着くなり、デイビッドを案内。バールに立ち止まり、2人で夕方何のアイスクリームを食べるか吟味しているよう。
今日はSの9歳の従兄とも一緒。お母さんとノンナもいらして、「こんにちは」とあいさつを交わす。
私は、2人の子供を着替えさせて、日焼け止めクリームを塗って、自分も着替えて、浮き輪に空気を入れてふくらませて、大忙し。喉が渇いたーという子供達に、持って来た魔法瓶の氷水をみなに飲ませると、「すごーく冷たい!」とこれが大好評。
小屋からみな思い思いのおもちゃを手に、水のある方向へ向かう。私達は裸足で歩き始めたけど、砂は熱々で途中で歩けなくなり、急いで引き返してくつを履いて出直す。
デイビッドは、Sと従兄のおにいちゃんと勇敢にかなり遠くの方まで3人で繰り出して、泳ぐ。ノエは、私と一緒に浮き輪でちゃぷちゃぷ。波が来る度に、ジャンプをしておおはしゃぎ。もう塩水が顔にかかって泣く事もなくなった。
デイビッドはしばらく泳ぐと今度は、潮が引いて砂浜に残った大きな水たまりの中に座り込み、何種類かの水鉄砲に取り組む。ノエは、魚釣りゲームに熱中。
ビーチに座っていると、それは大きな大きな水着の手押しワゴンがやって来て、ビーチの真ん中に止まった。あんなの砂の上でひいて歩くのは、容易でないに違いない。するとSのおばあちゃんは、そこへすかさず寄って行って2点ビキニを手にして、ご自身の小屋にて試着をし、赤いビキニを10ユーロでお買い上げ。「マンマはあの手のものに興味がありすぎなのよ」とは娘のA。その他にも、長い釣り竿を2本くっつけ、そこにハンガーにかかったバティクシャツやスカーフを下げ売り歩く男の人、体一つで歩いて来てマッサージのサービスをする女の人など、いろいろなビジネスが行き交っていた。
たくさん遊んだ後は、ノンナの手作りのフェットゥチーネを夕食にいただく。私も、アプリコットのパイを焼いて持って行ったけど、なんと中がまだ少し生焼けだった。。焼き上がりを何回もチェックしたのだけど、なんとも悔しい失敗。
せっかくの機会なので、生パスタの打ち方についていろいろ質問をすると、ぱっと顔を輝かせて答えて下さるノンナ。見せてくれる手つきからも、腕は相当のものとわかる。一般にいう卵一つに粉100gの割合だと、少し粉が多すぎるのよ、こねるのはそんなに時間をかけなくてもいいの、生地なんか寝かせないわよ、私のマンマがやってたように捏ね上がったら、そのそばから延ばすのよ。などど、本には書いていない彼女なりのやり方に興味津々の私。
ご飯を食べると、順番にシャワーを浴びて、バールでアイスクリームを食べて、車に乗って家に向かう。途中で仕事から戻ったお父さんも合流。Sとその弟のAは、こうやって毎日7時半くらいまで海で時間を過ごして、車の中で眠りにはいり、マンマがやさしくベッドに運んでくれるのだそうだ。なんという時間の過ごし方だろう。こんな風に子供時代を過ごしたら、心の広くて情熱に溢れた大人になるのだろうなあ。いいなあ。彼らは、7月一杯はオスティアに、8月になると3週間サルデニャの海でキャンプをする予定なのだそうだ。
今日は、ママのAが私達を家まで送ってくれるというから、私達も一日彼らの生活の雰囲気をたっぷり味合わせてもらえた。どうもありがとう!

水曜日
今日も忙しく、幼稚園の後、私たちは週末遊んだOの家のプールへバスで向かう。プールの水は海の水に比べると、とても冷たい!プールサイドでおやつをいただく。私は、昨日のアプリコットパイを朝オーブンに戻して、火を通したのでこれを持って行った。ママのSに、「このパイは教えてもらったクロスタータのクラストのレシピを使ったのよ」。というと、「本当?でもすごく茶色いじゃない?」。「そうよ、私が焼くとなんでも全粒の粉とか雑穀フレークが入って茶色くなっちゃうのよ。」アプリコットが甘酸っぱくってなかなかおいしかった。お腹の空いた子供達も食べていたから、まあまあだったかしら?
途中から、今日はビーチの代わりにプールへやってきたS親子も到着。同じコンドに住む韓国の女の子もやって来て、プールは大にぎわい。
子供たちは夕方になっても楽しすぎて、疲れ過ぎてなかなか水から出たがらない。母4人でなんとか始末をつけて、それぞれ家に帰って行った。私達は、Oのアパートに戻り、シャワーを借りて着替えてからタクシーにのって家へ。タクシーを待つ間、ママSに「今日の夕食、もうできてるの?いつも冷凍庫にストックしてあるじゃない?」と聞くと、「今日は何にも無いよ!たぶん、ブレサオラと。。。。」Ringo「あと、私が持って来たメロンもあるじゃない?」S「そうね!Ringoは?」「私も何にも用意してないよ。。。どうしよう。。チェリーとプラムはあるな。タクシーの中で考える。」家へ着いたら、もう7時20分!夏は、日が長くていつまでも明るいのでうっかりすると帰りが遅くなってしまう。
今日の夕ご飯
玄米餅、セイタンのハンバーグ風(いざという時のためにビオストアで買っておいた)、ポテトサラダと季節のフルーツ


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。