スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑さが戻る

2009.06.12 12:40|未分類
ここ数日、とても暑い。これから本格的な夏が始まるのだろう。

月曜日
学校はEUの選挙のため、休校。ノエと私は数週間ずっと喉が少し痛く、口内炎ができたりなんとなく体調がイマイチだった。お友達から、喉に住む細菌が出回っていることを聞いて、それまではのんびり構えていた私も、心配になってくる。念のためにお医者さんに診てもらった。でも、お医者さんには、「どこも悪いところないわよ、大丈夫。」と言われて、拍子抜けしたけど、安心。身長は伸びて、98cm!機嫌の悪さも、きっと幼稚園に入って日々新しい環境に立ち向かい始めたことからの疲れなんだろうな。ノエが日中、幼稚園で過ごすようになってなんとなく急に私から巣立って行った感があったけど、まだまだ、私も両手を広げていつでも「大丈夫よ。大好きよ」と小さい我が子を受け止めてあげなくちゃ。
お医者さんの帰り、パートナーと一緒に4人で通り沿いのバールでお昼にパニーニを食べようとしていたら、偶然友達のGとJに会って楽しくランチをする。私が、この頃ミシンをカタカタしている話をしたら、Gはティーンネイジャーの頃、まだ珍しかったタイトフィットなブルージーンズを両親に買ってもらえず、自分でお針子のおばあちゃんのミシンを借りて作り上げた話をしてくれた。格好いい!Jは、日本の発明についての本の話を。歩きながら洗濯ができるブーツ他。
夕ご飯は確か、玄米と麦のペストジェノヴェーゼに和風サラダだった。

火曜日
二人の子供を、幼稚園へ送りに行き、その足で電車にのってマクロビ食品店へ向かう。玄米、そば、せんべい、キャベツ、きゅうり、そら豆、杏にプラム、石けん2つを買って帰る。帰りはいつも荷物が重くて、大変。とてもよいエクササイズである。
夕ご飯は、蕎麦、あさつきと人参のチヂミ風、白インゲンのサラダ。デザートには、白あんのイチゴとバナナ風味の水ようかんを。

水曜日
お友達のMちゃんと、トラステヴェレのカフェにてランチをする。お互い幼稚園児の子供を抱え、Mちゃんとこうやって二人だけでゆっくり話すのは、始めて。すごく楽しかった。いつも、彼女には「Ringoちゃん、しっかりしなさい!」と背中を押してもらう気がする。お友達ってありがたいな。
昨日買った杏は、ジャムにして瓶詰めした。プラムはとても美味しくって、もっともっと買ってくればよかった!

木曜日
クローゼットの整理が途中のため、洗った冬服をしまう場所が見当たらず、袋に入れてずっとその辺(どの辺?)に置いてあった。意を決して、洋服の整理。寝室がすっきりして何より。

金曜日
幼稚園へ二人を迎えに行くが、バスがなかなか来ない。仕方なく電車で行く事にすると、今度は電車も遅れ。かなり時間をかけて到着。昨日、ノエが「ママが来るのを待つけど、長いの。」と言ってたけど、今日は特別に長く待たせちゃったわね。ビニール袋にいっぱいのトラ豆がそれぞれの通園バスケットの上に。今日、クラスで豆のさやむきをしたらしい。「今晩は、トラ豆を食べようか」というと、先生に「おたくは、2人分だから食べがいあるわね!」と。オーガニックのチェリー2キロ7ユーロをピックアップして帰る。紙袋の中を覗いてみると、なんとも大粒の色の濃いさくらんぼがたくさん!甘くておいしい。こうやった素晴らしいさくらんぼを作る農家では、2人の子供が後を継ぎたくないため、将来を思い嘆いているのだそうだ。このサクランボが継がれていかないのは残念だなあ。この仕事の大変さといったら相当のものだろうから、後継者となるためには並大抵ではない覚悟がいるのだろうな。
暑い中、なんとか坂を上がり家に帰り着き、冷たい氷水とさくらんぼをおやつにいただく。
一息ついて、お隣に住むCのお誕生日パーティへ出かける事に。フェアトレードのお店の一角にある貸部屋で開かれるそうで、母も楽しみである。昼間の暑さは落ち着いて、夕方の散歩はなかなか気持ちがよい。ここでも、バスがなかなか来なくて、着くまでに通常以上の時間がかかった。会場へ着くと、子供達はステレオから流れる大音量の音楽に併せて踊っている最中。うちの二人は、しばし身を固くするが、おやつを食べている内に、人形劇が始まり、打ち解ける。デイビッドはCと大笑い!アニマトリーチェのお姉さんの劇は、本当に上手で、私も感心して目が離せなかった。ノエは、その後顔に赤いお花のフェイスペインティングをしてもらって、うっとり。その後、風船でお姉さんに刀を作ってもらうと、デイビッドは身も軽く、他の子供達とチャンバラごっこを始める。デイビッドが幼稚園に通い始めて間もなく呼ばれていったお誕生日会の事を少し思い出す。あの時は、ずっと私達から離れずいたっけ。ノエは、デイビッドに向かって、いきなり堂々と頭の真ん中に「面」を決めたので、私は笑ってしまった。家に帰る途中、ノエは手に持っていた刀の風船が、割れてしまって泣き続ける。周りのおじさんおばさんがなんとか機嫌を取ろうと声をかけてくれるが、効果なし。両の頬にあった、お花も涙で流されてしまった。。。でも、楽しい時間を過ごせてよかったな。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。