スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスの中で兄弟げんか

2009.05.29 21:03|未分類
今日は、午前中アントニオ・トスカーニ通りにあるZICHINIというフェアトレードの食料品店にオーガニック野菜の小箱を受け取りに行く。これまでは直接農場から家に届けてもらっていたけど、ここにピックアップに行けば5キロの野菜と果物15ユーロ50セントが10ユーロ50セントで手に入れられる。バスに乗って少しの距離なので、これからはエコバッグを手にもって通おうかな。このお店は、始めて行ったけど障害者の働くお店で、応援したい気持ちもたくさんあるし。今日の箱には、なすとズッキーニ3本ずつ(それぞれとても大降り)、ロメインレタスが2株、モロッコインゲン半キロ、人参とタマネギ少々とバジリコとレモン、それからバナナ3本に梨が3つとキウイが5個ほど。一人のお昼ご飯には、早速大きなレタスを洗って、手でちぎり、ラプンツェル(ドイツの大手オーガニック食品会社)のミックスシードをトッピングに、オリーブオイルとバルサミコ酢をかけてたっぷりいただく。朝採れのしゃきっとした歯ごたえがとてもおいしかった。我が家のキッチンに住むカタツムリにも根元の部分をあげる。そういえば、彼が家にやってきたのは、やっぱりここの農場で採れたレタスの中だった。彼にとって、このレタスは”おふくろの味”だったかしら。
幼稚園へ二人を迎えに行き、学校の事務局の前で売られていたオーガニックの苺を1キロ買い求める。ここからの売り上げの一部は、学校の庭の設備投資のために充てられる。シュタイナー学校では、すべての学校の運営は、保護者の持ち出し自前で行われる。私もできる範囲内で協力している。
帰りのバス停は、始発なので、子供達はどこに座ろうかいつもわくわく。でも、今日のように二人が疲れている時はなかなか大変なのだ。二人がタイヤの上の少し高くなっている窓側の席に座りたいといって、席を奪い合う。一人が泣き出したと思えば、またもう一人。ノエが小さな枝を手に持っていたので、枝を私に渡すように言うと、デイビッドがその枝をノエの手から取り上げ、私に渡す。ノエはデイビッドが私に手渡したのがいやで、私からその枝を取り上げ、なんとそれを床に投げつけた!!もうその時には、バスは走り出していて、危うく立っているお客さんの足に当たりそうになる。ああ。私は「もう、いい加減にしなさい。棒がおじさんの足に当たりそうだったわよ。こんなことでは、バスを降りなくてはいけません!!!」泣き出すノエ。そこに、また新しいお客さんが乗って来ておばさんが向いの席に座り、泣いているノエを見て鞄からキャンディーを。「もう、泣かないのよ。」こういう時のキャンディはまるで魔法のよう。子供は泣きやんで少し落ち着くもの。この御婦人は、にこにこと子供に笑いかけて、私にも「あなたも一ついる?」なんてキャンディを進めて下さったり。救われる気分。それにしても、バスの中でのこんな大騒動は始めてで、少し驚いた。
家に着いてから、昨日音楽教室の近くのおもちゃ屋さんで買ったHABAの「果樹園ゲーム」をして遊ぶ。ゲームに40ユーロ弱は高いと思ったけど、中身を開けるとすべてのパーツが木でできていて、なる程と思う。みんなで協力しながら木になっている果物をカラスがやってくる前に収穫するというルールなので、参加者の間の勝ち負けがないのもいいなと思う。3歳の子でもしっかり理解できて楽しめるようなので、これから我が家ではこのゲームが大活躍しそうだ。子供達もとても気に入ったよう。夕食の後も、ダダと一緒に一ゲーム。
今日の夕食
グリーンピースご飯(昨日、二人が幼稚園でサヤから取り出した豆を持ち帰った)、具沢山の味噌汁、自家製揚げたて油揚げ、ズッキーニとしいたけ(この前パートナーのための椎茸スープに使った)の素揚げ
スポンサーサイト

Comment

リンゴさんへ、
パートナーの方の体調はいかがですか?
またまた去年のように天気の悪いローマです。
私たちも今日やっとHIROSHIGE展を見てきました。
久々に日本人でよかった!と思えた瞬間だったかしら。

それと頂いたおから大反響でもう終わってしまいました。
美味しくいただきましたので、ここに遅らせながらお礼を!
本当にありがとう。三日目にはおからクッキーも焼きましたよ。

そうそう、HABA社の果樹園ゲーム、私も気になっていました。
今度、また一緒に遊ばせてね。それでは、又の再会まで!

marianiさん

彼の調子は、良くなりました。ご心配いただいて、ありがとう。逆に今週末は私が疲れからか、体調を崩しましたが、私も今日は元気です。
HIROSHIGE展、良かったでしょう?私は、江戸時代の事がもっと知りたくなりました。絵の中の人々の暮らしや風景は、とてもドラマチックで優雅で心惹かれました。でも、これらは今の日本ではほとんど見られる事ができない失われたもの、過ぎ去ったものと思うと、なんだかとってもメランコリーな気分になりました。だから、余計美しいの!
おから、おかずにもしてクッキーにもして、だったら分量があまり足りなかったでしょ。また今度、おすそわけしますね。そうそう、果樹園ゲームも、一緒にやりましょうね!
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。