スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンタウンへお出かけ

2009.03.11 21:39|未分類
いつもより30分くらい早起きした。朝のいつもの流れがなんとなくゆとりある気がする。
朝食のあと、そうじを簡単にすませ、洗濯物を片付けて、新しいのをベランダに干す。ノエは、ベランダでシャボン玉遊び。
今日は、街中までお出かけ。来週から10日間出張へいく我が夫のため、新しいシャツをMUJIまで買いに行くのだ。日本に帰ると、家族の洋服、キッチンツールなどを求めに足繁く近所のMUJIへ通う。だから、最近できたローマのお店に足を踏み入れると、なんだかまるで里帰りした気分。なんていったって、お店でかかっているBGMまで聞き慣れたものなのだもの。シャツを2枚と、湿度温度計、子どもの為にきれいな10色の紙が入ったスケッチブックと化粧品詰め替え容器いくつかを買った。
その後、近くのトレビの泉へ。あまりに大きいため、ノエは最初はなんだか“噴水”といわれてもピンとこなかった様子。一番下まで階段を下りて、水に触ってみる。「冷たいね!」と言い合う。その後、しばらく横に腰掛け、ひなたぼっこ。途中、近くのジェラテリア“サンクリスピーノ”にて、キリっとした味のジェラートを食べに行き、また戻る。このジェラート、余計な物の何も無い頑固な、日本で“男前”豆腐というのを見かけたけど、男前!な感じのするジェラートだ。ローマで一番おいしいという評判を聞くけれど。
近くのバールでサンドイッチを食べ、幼稚園行きのバスが出るベネチア広場まで歩く。少し早めに着いたので、ヴィットリアーノの階段を上ってみることに。ノエとなんだかちょっとした観光ができてうれしかったな。今日は、たくさんの日本人観光客も見かけた。何組かの記念写真を撮ってあげたりもした。男も女もみんな必ずピースサインをするので、ちょっと驚いた。別れ際、"buon viaggio!"のような軽い感じ言葉を日本語で探せず、いつもちょっとまどろっこしく挨拶するかそっけなく別れてしまう。
今日は、幼稚園の帰りのバスで、となりのクラスの友達Gちゃんも一緒になり、楽しく帰る。家までの坂道を歩きながら、デイビッドは、クラスでの出来事を話す。年下の男の子たちが、休みなくやってきていろいろなお願いをするので、気のいいデイビッドはそれらすべてのお世話でヘトヘト、「ぼくもう頭がぐるぐる」なのだそうだ。お願いの内容を聞いてみると、すべて全部デイビッドがやらない方がよさそうな事もあったので、お友達を助けてあげるのはとても素晴らしいけど、ちょっと嫌だなというお願いの時は、断ってもいいんだよ、と言う。「でも、僕が“いや”って言ってもみんな大声で話してるから聞こえないんだもん。」様子が目に浮かぶようだ。やれやれ、デビちゃん、ママはここで見守ってるよ。
家に帰って、おやつのあと、今日買い物した袋の中をみんなで開けて見る。デイビッドは、湿度計に夢中。私が初期設定の仕方を読み上げ、デイビッドが隣でボタンを押して操作して、セッティングをした。室温は23度、湿度は54%。このところ、家の中がものすごく乾燥してると感じていたけど、そうでもないのね。風邪をひいて、体が乾燥しているからそう感じたのだろうか。
その後、湿度計は、デイビッドのバスごっこの運転席のコントロールパネルになる。ノエはお客さんで、赤ちゃんを連れているお母さん。時々、赤ちゃんの顔を覗き込みあやしてあげる。
夕食は、今日もなんだか面倒くさいなと思いながら作った。分づきご飯、大根とジャガイモの味噌汁、豆腐とブロッコリとコーンの炒めもの、オリーブの浅漬け。
夕食の準備をしながら、洋梨の赤ワイン煮を作る。一晩ねかせて、明日食べよう。
スポンサーサイト

Comment

私もMUJIは近くに行くたびに、立ち寄らずにはいられません。日本価格に比べるととんでもなく高いのだけど、それでも他のイギリス製品より比較的お値打ちで質が良くて、何より「日本」の雰囲気が嬉しくて。何にも買わなくても、日本表記のままのラベルを見るだけで心が躍っちゃいます。(笑)

でも、MUJIのあとのローマ町歩きが素敵ですねえ。
私の場合はMUJIのあとはバーミンガム歩き。違いすぎます。(苦笑)


近くまできてたんだねー。といっても私はおしごと中でしたが... 休みだったら、家でお茶でもできたのにね。こっちのMUJIの洋服は日本のより素敵に見えるのは私だけ? この冬のバーゲンで何着か購入しました。 かなり重宝してます。

muji

私も、mujiの日本語のラベル見ると、「ここは、日本?」って体中が安心する気がします。雑貨は値段がそんなに変わらない気がしましたが、この春売り出されたオーガニックジーンズ、日本だったら一本4000弱が、ローマでは59ユーロ。見た感じはすごく良さそうだったのではいてみたかったけど、夏に里帰りするまで待とう、と手が引っ込みました。ヨーロッパのmujiにも食料品のラインを置いてくれれば、もっと食生活が豊かになってうれしいけれど。乾物や薄切りもちやおせんべいが買えたら、最高!です。

mimo姉さん!

mimoちゃん!ブログ遊びに来てくれてありがとう!そうよ、mimoちゃん、お仕事始めてから、全然会えないんですもの。さびしいわ。
mujiの服、ローマのお店のセレクト、パッとみた雰囲気はなかなか良さそうだったね。確かに、日本は点数は多いけど、全部自分のテイストじゃないもの。私は、3歳児と一緒だったで、洋服をじっくり眺めるのは骨折りごとだからあんまりみなかったけど、いつかゆっくり見てみたいな。ディスプレイされてたオーガニックジーンズが気になりました。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。