スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あーあ!

2008.05.28 16:02|未分類
5月27日 火曜日

今日も暑い。デイビッドはサンダルで幼稚園に出かける。ノエにもワンピースを着せて、はじめてのポニーテール。「オリーバみたい!」と喜ぶ。
ガス会社へ電話。毎月末使用量を電話で報告しているにも関わらず、実際に使用したガスの量の倍の請求書が届いたからだ。テレフォンオペレーターからは、「30ユーロの請求書のために、何もできない。」と不誠実なことを言われる。聞くと、今回の分は黙って支払い、次回の請求時に調整をするとのこと。どうしてメーターの確認のために人を派遣したり、請求書を訂正したりできないんだろう?と思うが、ここイタリアで今さら腹を立ててもしょうがないか。
その後、ヴィッラシャーラへ行く。昨日死んでしまった金魚のスパイクをコブシの木の元に埋める。春先に死んでしまったシフティの隣だ。今度の春、奇麗な花を見たら、あなたたちのことを思い出すでしょう。
午後、デイビッドを迎えに行く。途中のバスに、ジプシーの男の子が乗っていた。少し変わっていて、乗ってくる人たちに「切符はいりませんか?僕、何枚か持っているのです。」と声をかけている。しばらくして、バスの運転手がこの男の子に「こっちへ来なさい。今ここで降りなさい。君は臭いから、降りて体を洗ってからまた乗りなさい。切符は持ってるのか?切符にスタンプをする機械はそこにあるのを知っているか?チケットのない人はバスに乗る事はできないから、今すぐ降りなさい!」と乱暴な口調で言う。抗議する男の子、それでも次の停留所で降りると了承する。バスが止まり、話し合った停留所で降りない男の子に対し、他の乗客が「降りろ、降りろよ。」と声をかける。そこで、一人の男性が席を立ち、運転手に抗議。「この子はまだ12歳の子だよ。そんな対応しなくたっていいじゃないか。他の(イタリア人の)子供にあなたはこんな口を利かないでしょ。」運転手「彼ら(ジプシー)は、イタリア国内に居るべきでないんだから!」男性「非人道的だ!」。選挙の後、右派の政党に投票した人が圧倒的に多かったことについては、私は信じられない気持ちでいたけれど、このハプニングでイタリア人がジプシーや外国人移民についてどういう感情をもっているのかを身をもって知る。あまりに衝撃的で背筋が凍り付くようだった。でも、この男性のように違う考えを持っていてそれを堂々と発言できるヒーローのような人がこの国にいることも確かだ。その晩遅く帰って来たゴードンともこの出来事について話し合う。ここに書くと気持ちがめげそうなので、出来事のあった事のみ記す事にする。
夕食は、あわ入りごはんのキュウリとうめとかつお節のちらし寿司。フラゴリーニの塩焼き。アサリの味噌汁。デイビッドは、全部食べてくれた。ノエは暑い気温と昼寝をしなかったこと、風邪気味であることから夕食時は疲れ過ぎでぐずり、しばらく寝室で静かにさせる。日中にあった出来事に対して、夕食献立はなんだか今日は少し華やかだったような。食後はメロン。ノエは日中桃を二つも丸かじりして食べた。
デイビッドは夕方ホットウィールで遊ぶ。バスのH、16、20番ルートの停留所のリストを電話帳の付表を見ながら書き写す。ものすごい集中力だ。食後はノエが寝ていたので久しぶりに二人だけで本を読んだ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。