スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉では言わないけれど

2013.06.02 21:30|未分類
にちようび

午後、カレンと幼稚園の頃から一緒のクラスで育ち合ってきたよい友達のTが遊びにやって来た。小さい頃は、おっとりしていて、こちらがつい助けてあげたくなるような男の子だったけど、最近はしっかり者のやんちゃ坊主になってきた。クラスでも、今年になってからはカレンとはほとんど遊んでなかった様子だった。へえー、そういうものか、と思っていたら。。。
ここになって二人がまた仲良く遊び始めた。そして、「Tとまた友達になったんだよ、Tに遊びに来てもらってもいいでしょ?Tも来たいって言ってるの。」なんて急に言うから、大人の私達はびっくりさせられる。
Tが自分の小さい頃の写真を切り抜いて貼付けたカードをカレンにプレゼントしてくれた。二人が小さいときの写真を探してアルバムを広げてみる。そして、カレンが、Tに贈ったのはお手製のお絵描きだったのだけど(いつの間に用意してたの?)、それは、Tとカレンが二人で黄金のカップを手にして幸せそうにしている絵だった。「ねえ、T、覚えてる?幼稚園のとき、クラス全員で馬のレースしたとき、私達二人が勝ったのよ?」「え?ぼく覚えてないよ。」「え?ほんとう?去年の最初のほうだったよ。私が馬やって、Tは手綱ひいてたのよ。」「そうだったっけ?」
二人にとっては、お互いがたくさんの思い出(覚えてても覚えてなくても)を共有した特別な友達で、お別れの時期が近づいて来ているのを知っているから、その前に、それをまたシェアしたくて一緒にいたいんだろうな。
二人とも、お別れのことを言葉に出して話したりはしないんだけれど、お互いに思ってる事は同じ。普通に遊んでいるだけのようだけど、でも、違う。彼らなりの方法で向かい合ってる。表現してる。

こどもたち、美しいものを見せてくれて、どうもありがとう。絶対忘れない。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。