スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち止まって足下を見よう。

2013.01.16 22:32|未分類
すいようび

カレンの誕生日から一夜明けた今日。朝から雨降り。
お祝いのビール、砂糖、乳製品卵なしのケーキとはいえ、二切れも食べたお誕生日ケーキの陰性を中和しようと梅しょう番茶を飲みながら窓の外を眺める。うーん、灰色の寒空はやっぱり苦手。

お昼頃、連れ合いと待ち合わせしてvermeer展を観に行く。内容は期待していたほどではなかったけれど、当時の人々の生活の様子が知れてとても興味深かった。カフェでランチをして、それぞれオフィスと学校へ向かう。

私は途中でバスを降りて、自然食品店で買い物。次のバスを待つが雨のためなかなか来ない。やっと来たのは満員のバス。皆競うように我れ先とバスに乗り込もうとする。そこで、私は油断をしていたのだ。玄米を買い込んで、かなり重たいバッグと傘で両手はふさがれていて、それだけで大変だった上に、このバスを乗り過ごしたら子ども達の迎えの時間に間に合わなくなる。人混みにもまれているうち、ふとコートのポケットが軽くなったような気がして、手を入れてみると財布がない。あれ、気のせいかな?お財布、バッグに入れたっけ?と思うけれど、あまり深く考えずバスに乗り込んだ。でも、やっぱりあの瞬間にスリにあっていたのだ!あまりにも不注意であったし、感覚が鈍っていた。

うーん、痛いレッスンでした。秋の終わりからの一連のお祝い事も終わったし、ここで立ち止まって足下を見なくてはという気持ちでこれを書いています。

自分を褒めてあげたいのは、ショックだったけれど、アクシデントの後割と冷静でいられたこと。カードをブロックして、明日は警察署へ被害届を出しに行く予定。大切な身分証明書の滞在許可証がなくなったことが、痛いけレド、明日の心配は明日しよう。
料理しながら、思った。こうやって気持ちが浮ついて油断してしまう事があるけれど、今回は、自分の物が無くなっただけでよかった。例えば、こういう状態で車の運転なんかしていたら、ひどいことが起こりえたかもしれないし。
これを繰り返さないよう、心に刻んで、また明日から出直し!

夕ご飯の時、私が連れ合いにポテトチップ禁止令を出したらゾロが「ぼくが、貯金で買ってあげるからね!」。それを聞いたカレンは「私は、ママになくなったお財布買ってあげたい。」こんな子ども達がいて、私達は本当に幸せ。

ゾロの親友が新学期開けから学校をずっと休んでいるので、夕食後様子を聞きたくて親子で電話。一種の伝染病で1ヶ月もかかるものらしい。かわいそうなm君。ゾロとmは電話越しに絶え間なく話をして笑い声をあげる。どんなに一緒に学校で勉強したいだろうに。こんなことやったよ、あんなこと勉強したよ、いつ戻って来るの?一日も早く回復しますように。

スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。