スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口の奥のイガイガ

2012.04.30 22:00|未分類
げつようび

今日は、連休で学校はお休み。ゾロの熱は下がったけれど、一日家でゆっくり過ごす。
午前中は、お絵描きをしたり、日本のおばばとスカイプをしたり。お昼ご飯の後、デザートに苺と梨の乗ったタルトを食べる。せっかくのケーキだし、コーヒーでも飲みながら食べたいなあ、なんて言ったら、カレンが「じゃあ、飲んだら?」なんて言ってくれる。「そう?カレンもそういうならちょっと飲んでみようかな。」とわたし。ゾロが横で「あ、ママさっきスカイプでおばばにコーヒー辞めたって言ったばかりなのに」というのを聞き流しながら、久々にコーヒーを涌かす。しかし、一口飲むと、意識が一段一段と覚醒されるのを感じたので、少し慎重になってちびちびと飲んだ。結局少し残したんだけれど、(「ママ、じゃあ、カレンがたまにカモミールのお茶全部飲まない時があってもおこっちゃだめよ!」としかられ)たちまち口の奥がイガイガとしびれる感じがしてたまらない。これはその後も一日中続いた。
なんてこと!なんてこと!

午後はまたお絵描きの続きをしながら、ぶたを描いていたら、ぶたをたくさん描いて切り抜いて人形劇をしよう!ということになって、ぶたの家族6匹にぶたの人魚、それから巨大なたこの紙人形ができあがった。もしかしたら、次のこども文庫で上演となりますか。

3人でキャッチボールをしたり、クローゼットの整理をしたり、ゾロのがらくた置き場と化した机を整理したり(カレンが率先してお兄をお手伝い)、カレンの逆立ちの練習に付き合ったりして午後も過ぎました。
昨日、文庫で借りて来た「さかさことばで うんどうかい」が愉快で、親子で寝転んでことあるごとに繰り返し読んでいる。ページを開く毎に動物のおもしろ運動会が展開されて行くのだけれど、全ての文が回文になっていて、見事!裏カバーのかめの”わたし まけましたわ”にも笑わされる。ぜひおすすめ。





寝る前には、カレンと「たくさんのお月さま」を読む。いんちきでうそつきの学者達、柔軟な機転をきかせる道化師、そして子ども時代にしか持ち得ないかもしれない迷いや曇りのない思想のお姫様。大人には無理難題に思えるようなことも、子どもは答えを持っている。私は物語と今の世の中を照らし合わせたりして、感慨深く読むけれど、カレンは単純にこのお話がとても好きなよう。道化師が大理石の階段を上がって行くページがお気に入りなんだそう。二段ベッドの上で、メジャーリーグの雑誌を読んでいるはずのゾロもお話を聞いていて、王様と学者達のこっけいな会話に吹き出していた。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。