スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマに戻る

2012.04.05 19:23|未分類
もくようび

今日から子ども達の学校はお休み。
三日前に楽しかったアテネ旅行より戻ってから、どっと感じる疲れの中気がつけばパスクワはすぐ目の前だ。
居間の季節のコーナーも模様替えをしてイースターを迎える準備をはじめる。

そういえば、アテネのオーソドックス教会で聞いたレントの音楽は美しかったな。代わる代わる人々が教会を訪れては、キリストの絵に口づけをして、またある人はろうそくを家族親戚の分もか1人で10本も灯して行く人も。どこの教会へ行っても黄色い蜜蠟の長細いろうそくが使われていて、より神聖な感じがした。ローマの教会では、もはや本物のろうそくさえ存在せず、ただ電気のスイッチを入れるだけというのがよく見られるのに。

子ども達が学校へ戻った初日、火曜日は、放課後イースターエッグのデコレーションのワークショップが開かれて、私も早速スーパーで卵のパックを買い求めた。タマネギの皮を煮出した浸出液にお庭の草花を貼付けた卵を煮る事10分間、鮮やかな色に染まった!

昨日また子ども達が午後、階段広場で遊んでいたら近所のアパートに住む老婦人が「うるさい!」と怒鳴ったそう。これで続けて2回目の苦情。「遊ぶなら公園へ行くように」とのことだけれど、近くの公園は歩いて20分。毎日学校帰りの子供が気軽に行ける場所ではない。そもそも、この階段広場はここに住む今は大人となった人たちがかつて子供時代に遊んだ場所だと聞いていた。確かに遊ぶ時、騒がしくなることもあるけれど、少しの理解と辛抱を求める事は無理なのか。公園に行けない平日の夕方、階段で遊べないとなり、それならとゾロは指でおはじきをはじいて遊ぶ独自で考案のサッカーゲームをやり始めた。大人が子供を広場から閉め出してしまえば、子供達はこうやって家で遊ぶことになるのか。。子供は全身を使って風を感じて遊びたいはずなのに!老婦人にしてみれば、がまんのならない騒音なのだろう。頭が痛いなあ。

夕方カレンと一緒に近くの植木屋さんへ。イースターバニーをベランダに迎える為に、少し明るい色が欲しくてお花を買いに行く。二人で相談して買ったのは、かすれたオレンジ色のひらひらのお花とハイビスカス、それからブルーベリークリームといった感じの色のパンジー。

夕ご飯には、アテネ旅行で食べたものからインスピレーションを受けて:
フライパンで直火焼きしたピタパン、タジキ、レンズ豆のコロッケ、ゆでたオカヒジキ、ひよこ豆のお醤油煮(残り物)、ブロッコレッティのフリッタータ(同)



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。