スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のdovere

2012.03.20 22:03|未分類
かようび

午後、ゾロの担任の先生と個人面談。連れ合いも一緒に参加する。糸杉の香りのする木工の教室に座った。
ゾロのイタリア語のノートの作文を見ながら、先生がゾロの様子を話して下さる。作文の間違いや表現をより豊かにするための示唆など、先生がノートに書き込みをして下さった。何でもよくできてしまうゾロに「やっと何か直してあげられることが見つかったのよ!」と先生が笑いながらおっしゃった。ゾロが書いたおはなしの中に、彼自身が今抱えている9歳児特有の感情が無意識のうちに浮き上がっている、というのも興味深かった。なるほど、言われてみればそうだ。自分に必要な事を義務としてきちんと取り組む事ができるのは、子供が大人になったときに本当に大切な素質だとも。子ども達にとって最も大切なことは、その子のdovereに取り組む事。その子が成長し、人生での使命を全うするために必要な事柄に対してまっすぐ取り組む意志。これは、大人になってからでは獲得できないもの。ただでさえ大人になるといろんな理由を見つけて、自分の課題に取り込む事をおろそかにしたりすることがあるのだから。正義感が強く、いつも公平、だから皆がゾロの意見を受け入れてくれる。大概のことはあまり苦労せずにうまくやってのけるゾロの素質は、すべて彼が前世から運んで来たもの。これはゾロ自身。でも、彼が持って生まれた宝の中に、必ず成長のための課題が見つかる。それにいかに取り組むかが将来の鍵なのだと。

そして、38才の私自身のdovereは、一体何なのだろう。私は何のためにこの世に生まれたのか、何故ここにたどり着いたのか、などという疑問がふと自分の中に沸き上がってくる。

帰りは、近所に住む五年生のrも一緒にバスに乗る。ゾロとr、二人の男の子はバイオリンの話、学校の勉強の話、そしてサッカーの話など延々と楽しそうに話していた。

よるご飯は、レンズ豆のカレー、玄米、お麩とわかめの味噌汁、切り干し大根のはりはり漬け。食後には、ゆで小豆のココナツミルクがけを。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。