スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオリン

2012.02.01 21:49|未分類
かようび

朝、近所の楽器屋へ行ってバイオリンのケースを購入。今日は、待ちに待った初レッスンの日。
お昼すぎにクラフト班のために羊毛の仕事の道具を持って、空のバイオリンケースを持って、両手にたくさんの荷物を持って出かける。最初に乗ったバスは途中で故障し、全員降りるはめに。まあ、そんなことはよくある事。
学校に着くとゾロが私を見つけて、駆け寄ってくる。新しいケースを見つけてうれしそう。友達からお借りする楽器をケースに移し替えて、早速教室に持って入る。こんなにうれしそうなゾロは久しぶりに見る。
放課後、レッスンを終えてニコニコ顔で帰る。家に帰ってからもご飯を食べるとき以外はずっとバイオリンを弾きっぱなし。いい音が出る時は顔が輝き、ぎーぎーした音が出ると顔をしかめる。自分に厳しいが、とにかく自分でやると決めた事には徹底的に取り組むのが、これまでのゾロ。バイオリンも、そんな風に取り組む姿が見られたらうれしいな。私達も、生の弦の音が家の中に響くのがうれしくて大興奮!カレンも「コンチェルト(コンサート)だね!」「カレンは大きくなったらチェロかピアノをやりたいな。」
シチリア産のオーガニックアボカドを学校の共同購入で手に入れたので、ゾロの先生におすそわけ。先生は、パルメザンチーズと松の実を一緒に食べるのが好き、私は断然しょうゆとわさび!などと料理方法の交換を。ちなみに3kgの袋を一緒に分けたjは、朝ご飯にトーストの上にマッシュしたアボカドを乗せて、塩こしょうで食べるのがおいしいのよ、と。何だか背後に持つ文化によって、いろいろなアボカドの食べ方がありますな。

夕ご飯は、ごはんと味噌汁(赤かぶに打ち豆)、生鮭のグリル、ビーツの葉っぱ。

夜は、チョコレートグラノーラを作りながら、花の妖精がまたもう1人誕生。

DSC01560.jpg



すいようび

今朝は雨。暖かい格好をさせて子ども達を見送る。私も、今日はバイオリンのための松脂を買いに再度楽器屋さんへ行かないとならないけれど、なかなか雨がやまない。窓の外を常に観察しながら、家事をすすめる。
そうそう、ゾロの先生の誕生日(明日)のためのプレゼントに、薄紫色のリネン(カレンのスカートを作ろうと思って買っておいた)であずま袋を縫った。それから、我が家のためにテーブルで使うナプキンを3つ。
午後、ゾロは同級生の友達nの家に遊びに行ったので、わたしとカレンは二人でゆったり過ごす。カレンの気に入っている遊びは、トンボラ。我が家のは、Mrs Beetonの見た目の美しい様々な料理の絵がカードになったやつで、ひとつひとつ見ては、「まるでゼラルダの料理みたいだね」と言い合う。ゼラルダとは、カレンのお気に入りの絵本、トミー・アンゲラーの「ゼラルダと人喰い鬼」に出てくるお料理のとても上手な女の子のこと。はらぺこの人食い鬼のために作った料理があまりに美味しくて、人食い鬼を改心させたほどの腕前なのだ。



今日は夕方ゾロがお友達の家から帰って来たら、疲れたところで、バイオリンを絶対弾くつもりだろうからと思って、ご飯はあんまり頑張らなくても美味しく食べられるようなものと気を配ってみた。
案の定、家に着いたゾロは、手を洗うとまっさきにバイオリンケースに直行。楽器を取り出して弾き出した。「ああ、弾くの久しぶりだなあ!」だって。昨日の夕方以来なのに。でも何だか弾く姿勢がまっすぐ保てない。立つのがつらいので椅子に座るけれど、どうしても背もたれにもたれかかった格好に。音もぎいぎい。10分くらいやった所で「ちょっと休んでみたら?ご飯食べてからまたやってみたら?」と提案する。「そうだね」と自分の部屋に戻り、一旦ケースにバイオリンを仕舞うが、なんとその後すぐ考えを変えたらしく、またバイオリンを手に取って弾き始めた。なんという意志でしょう!「弦をオープンにして弾く時はわりと響いた音が出せるけれど、弦を指で押さえると響きが止まっちゃうんだよ。」とは、一通り自分で満足して練習を終えた後の言葉。皆でゾロの強い意欲を褒めたたえ、音について自分で課題を見つけて疑問に思う姿をまた褒めたたえ、夕ご飯のテーブルに誘う。結局今日も、ご飯とお風呂の時間以外はずっとバイオリンを触っていた。毎日先生とレッスンをしたいのだそう。

というわけで、夕ご飯は、豚さんのお肉を頂いて、ラグソースのブッカティーニを食べ、それから蒸して粗塩をかけただけのブロッコリを。

お風呂の後、カレンと読んだのは「ふくろうくん」。寒い冬を家に招き入れるお話、ベッドに入って毛布の上に謎のお山を見つけて怪しがるお話、悲しい事を連想して泣いてたまった涙れお茶をいれる話(カレンも、「しょっぱい味がする」という下りで、「そう!そう!しょっぱいんだよ。」とうなずく。)など寒い季節の私達の心を温めてくれる効果大のお話がぞろり。ゾロも私も大好きな一冊だ。



今夜はこれからパンをこねるつもり。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。