スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PJで料理

2012.01.18 22:49|未分類
すいようび

今日も、ゾロは学校を休む。熱はもう無いけれど、体全体が疲れた様子なのでゆっくり過ごさせる。カレンの迎えも近所のjが引き受けてくれたので、今日は私も家でぬくぬくと。そして、いろいろ作った。

ピーナッツバター

DSC01513.jpg


こちらは昨日のたこ焼きの残り(お昼ご飯に食べた)と、余ったタコでよく作るお芋とタコのサラダ(子ども達の好物)。

DSC01517.jpg


よもぎベーグルと黒ごま入りの食パンも焼いた。

連れ合いから電話があって、今日の夕方、南フランスに住む幼なじみが我が家に遊びにくるから、と連絡を受ける。家にあった芋タコサラダ、煮た白花豆のオリーブオイルがけなどをサイドディッシュに、連れ合いが買って来てくれた切り売りピッツァで食事をした。ワイン通のkとmが、近所のスーパーに立寄り買って来てくれた2本の赤ワイン、どちらもとてもおいしかった。
最近、お友達の家でとてもおいしいワインをいただく機会があったりして、”通”でなくていいから、手軽に手に入るワインでおいしい何本かを知っておきたいなと思うようになったところ。

2本の空き瓶。

DSC01519.jpg


こちらはカレンが描いたお誕生日のパーティーの時の絵。仲良し3人が一緒にケーキの周りに立っている。最近カレンの描く人は、すらりとした手足を持って、頭も小さい。少し前までは、ずんぐりむっくりの体から手が2本左右に水平にのびている絵だった。カレン自身が幼児の体から、縦に長い体に成長し始めているし、絵もそれに伴って変わっているのに気がついて興味深い。

DSC01518.jpg



もくようび


もう一日、まだ本調子でないゾロの体を休ませるため、学校へは行かず。カレンも今週ずっと疲れている様子だったので、一日だけお休みさせた。というわけでこの日もパジャマで過ごす。
私は、頭全体ががんがんと痛く、調子があまり良くない。昨日のワインのせいかな?
カレンにおねだりされて、貝型と犬型でマドレーヌを焼く。マドレーヌって、とても簡単にできる。焼き上がったお菓子は、溶かしバターのコクで文句無しに美味しい。うーん、バター、か。子ども達は、カレンの誕生日ケーキのデコレーションで余ったアイシングクリームを挟んで食べて、至福の顔。牛さん、おいしく頂きました。どうもありがとう。

ゾロとカレンと二人が一緒にいると、けんかもしょっちゅう起きる。昨日までは日中静かだったのに。。。
ゾロはだんだん元気が戻って来たようで、外に行きたいなんて言葉も口から出て来た。

カレンは、ビーズで私にたくさんのアクセサリーを作ってくれた。どれもどれも、私をうならせる絶妙のパーツと色使いで、感嘆の声をあげずにいられなかった。暖かくなったら、軽い服装でこれらのネックレスやブレスレットをして出かけよう。そしてどれも統制された美しさ。4才、5才の時は自由な気分に溢れる楽しい色使いだったけれど、最近は明らかに違う。日本に帰った時に必ず立ち寄るお気に入りの手芸やさんがあって、毎年そこでカレンにお気に入りのパーツでネックレスを作らせてあげるのだけれど、今年の夏は、どんなアクセサリーを作るのだろう?今からとても楽しみ。

夜、グラノーラを作りつつ、タンタンの「ふしぎな流れ星」を楽しく読んだ。そして、宮沢賢治の「風の又三郎」を。




きんようび

久しぶりに子供二人揃って学校へ。私はゆっくりと過ごす。それにしても未だに頭が重たくて、いい加減早く良くならないかな!でも、気がつけば咳はもうあまり出ない。
家庭文庫の仲間達に電話をかける。風邪をひいている子ども達が多く(お母さん達も同じく体調を崩したり疲れている人がおおい。。)、数週間先に開催をのばす事に決めた。電話の間は、楽しくアドレナリンが出て、頭の痛さも忘れる、忘れる。

学校の先生達から頼まれていた色々な事をまとめて、午後のお迎えの時に渡した。今回のは折り紙・切り紙の類いのものだったのだけれど、こうやって日本の文化を学校に紹介できるのは喜ばしい。

購買で、おやつのためにりんごとキヌア入りのチョコクッキー(カレンにおねだりされた)を購入し、帰りのバスに乗る。
今日は、jの誕生日で、息子のnが前々から「今度の金曜日、遊びにいってもいい?」と聞かれていた。なんでもお母さんのためにビーズでネックレスを作ってプレゼントしたいのだそう。だから、今日はnも一緒に4人で帰って来た。家に着くと早速、「マクラ、ビーズ出して!」座り込んで早速作業にとりかかる。出来上がったきらきらのネックレスを私の作っておいた6角形の箱に入れてきれいな紙でラッピングして一緒にプレゼントを用意した。
夕ご飯に今日は、スイスチャードとレンズ豆とお米のスープを作ろうと思っていたのだけれど、子ども達は給食に似たようなのを食べたそうで、そして家の子ども達はいわゆるminestraと呼ばれる類いの食べ物が好きではない!、仕方なくメニュー変更。
炊いたお米にオリーブオイルとパルメザンチーズをかけたもの、茹でただけのスイスチャート(甘くておいしい!)、レンズ豆のサラダ、アボカドとラディッキオのサラダ、フィノッキオのスライスと人参スティック、というのが献立になった。

今日日本から郵便物が二つ届いて、一つは地元千葉の”あしたの国”からのニュースレター、もう一つはオンラインでオーダーした本2冊。
子供が寝静まった後、ホットチョコレート片手に読書。
”あしたの国”の保護者の方の、心揺さぶられる言葉を何回も何回も繰り返し読み味わった。私達と同じくシュタイナー教育を子供に与えたい一心で、懸命に奔走されている方達の姿が思い浮かび、気持ちが伝わり、気が引き締まる思いがした。心暖かな人たちの集まるあの美しい学校に追い風が吹きますように!






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。