スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂漠の骨

2012.01.08 22:12|未分類
にちようび

冬休み最後の日曜日、家族全員でコルソ通りまでジョージア・オキーフ展を観に行く。水彩による抽象画から始まり、キャンパス一杯に描かれた花、貝がら、果物、そして動物の骨の絵。一つ一つの物の形が、貝殻は、こんなに美しかったかしら、花はこんなに豊かな色合いを持っていたかしら、と思わせるものだった。ニューメキシコの壮大な山々の絵の迫力、こんな山々に囲まれた家に暮らし描き続けたという。(行ってみたい!)車で砂漠を走り、動物の骨を頭蓋骨を拾って、これが彼女の絵で砂漠の象徴として描かれている。ポスターにもなっている夏の砂漠の絵、圧巻だった。ポートレートの中の彼女の顔はいつも意志に溢れていて、強く生きた女性だったのだろうと想像した。子ども達も、それぞれとても楽しんで、お気に入りの絵を見つけていた。絵の展覧会は、数多く行かないけれど、連れ合いがいつも”これは行くべき!”というのをチョイスしてくれるので家族全員で楽しむ。今回のも、観に行って本当に良かったと思うものだった。

ギャラリーを出たら、1時半、お腹が空いた!と子ども達。近くのバールでパニーニでもと思ったけれど、歩く途中にアイリッシュパブのトリニティーカレッジを見つけ、ふらりと入ることに。子供も大人もホットドッグやハンバーガーを頼み、にこにこ。私はジョージア・オキーフも食べたかもなんていいながら、ナッチョスtex mexを注文。そして、私と連れ合いはサイダーで乾杯。

家に帰り、クリスマスツリーを片付ける。大きなツリーを切り倒すときはいつも悲しいけれど、記念に幹から3つブロックを切り出して、”2011年クリスマス”と書き入れた。

家の中は、すっかり日常に戻り、明日から子ども達は学校が始まる。夕ご飯を食べて、お風呂に入って、カレンは明日着ていくための洋服を選んで、二人ともなんだかそわそわした雰囲気。ゾロは「明日学校に行くのすごく楽しみ!」今日は8時20分くらいに電気を消しておやすみを言った。

寝る前にカレンと読んだのは、「まほうつかいのノナばあさん



私は明日の朝ご飯のためのシリアルを手作りし、今、捏ねたパンを発酵させているところ。

とにかくのんびり過ごしたいい冬休みだった!

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。