スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どしゃぶりの雨

2011.10.21 09:13|未分類
もくようび

朝いつもの時間に起きると、外は真っ暗。そして、7時をすぎるとたちまち強い雨が降り始めた。
子ども達を起こすけれど、暗いのでなかなか目が開かない。「え?まだ夜じゃないの?」子ども達の目を覚まそうと、朝ご飯にヌテッラの瓶を開けることに。ヌテッラをパンにぬって食べようと声をかけるとたちまち着替えをすませた子ども達がテーブルに寄って来た。カレンが夢のはなしを始めた。家族皆で動物園に行って、恐竜がいて、カレンが恐竜にご飯をあげたけれど、恐竜は食べたくないみたいだったから、私がじゃあ、きっと後で食べるから置いて行こうね、っていったのに、ゾロが恐竜にナイフをつきだして「食べろ、食べろ」って脅したそう。そして、恐竜が怒って、私達全員死にそうな怖い思いをしたらしい。。。パンはヌテラと一緒だと食べ終わるのもあっというまで、雨対策の身支度をゆっくりできる時間の余裕までできた。モンベルのレインウェアの上下にブーツ、それに傘も。今朝はnのお父さんの車に乗せてもらえることになったので、あとは通りをわたればよいだけ。

完全防備で外に出ると、道の上を川のように水がごうごうと流れていた。道を横切るためには、当然橋も無いので足をずぶっと深く水に入れて歩かなくてはならない。大はしゃぎの子ども達。私は子供が濡れてしまわないか、着替えの手持ちもなかったので気が気で無い。結局車に乗せてもらうまでには全身ぬれねずみ。車の中で、今頃ゾロは「あ!ママ、靴下ぬれちゃった。」なんて気がついている。辺り一面が川で、車の進むスピードもゆっくり。途中、大水で停電になっている信号もあり、かなり大きな交差点だったので、ひやひやしながら渡る。
学校に着いてからは、しかたなく裸足のままうわばきを履いてもらう。

ざーざー降っている雨の中、帰るのをためらっているとスモックを着たカレンが事務局へやってきて何やら先生に頼まれたおつかいをしている。はは、立派、立派!そして、ラッキーなことに近所のお友達を発見。車に乗せてもらえることになった、イエーイ。

家についたら着替えて、日記を書いていたら、連れ合いが職場から帰って来た。なんと、オフィスの電気系統がダウンしてしまったのだそう。締め切りの近い彼は、家で働くことを選んだらしい。お茶をいれて、それぞれヌテッラパンを食べる。

私は、キノコの人々の制作の続きを始める。うまくいったりいかなかったり。

子ども達を迎えに行くにも、電車はのきなみ40分から60分遅れ、バスも来なかったりで、一苦労。買い物にもいかなかったので、学校の売店でセサミバーを4つ買っておやつにする。お迎えの間、暑かったり寒かったりして体がついて行かなかったのか、家に着くとふらふら。連れ合いにおやつにポップコーンを作ってねとお願いして、ベッドに横になる。

夕方には、元気を取り戻し、ご飯の仕度。
栗ごはんと残り野菜とお豆腐、春雨の入った具沢山味噌汁、セイタンの焼いたの。

ご飯のしたくをしている間ゾロが紙飛行機を飛ばしていた。「ママ、これね”あめ”って名前つけたの。飛び方が雨雲の動きに似ているんだよ」

甘い物が食べたくて、子ども達にチョコレートをねだる。なにしろ2人とも、去年のハロウィーンや今年のイースターでもらったお菓子を食べきれずにまだたくさんいすの横の袋にぶら下げている。フェアトレードのたまご型チョコをカレンがくれた。

ゾロが「カレンは大きくなったらなんの仕事をしたい」と聞いたら、少し考えた後「カレンは、ママみたいにしたいな」と答えた。こういうのは、お母さん冥利につきるな。わたしにっこり。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。