スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お月見

2011.10.12 07:30|未分類
かようび

昨日の夜茹でておいた小豆に砂糖を加えてあんこに仕立てる。今夜は満月、家族の皆でお月見をする予定。
今年は餅米を炊いて、おはぎを作った。子ども達も一緒に「十五夜の もちつきは ぺったんこ ぺったんこ」と歌いながら、炊けた餅米をついていく。和菓子に目のないゾロは、さっそくおやつに3つをぺろりとたいらげる。口一杯にほお張るので、ほっぺたがハムスターのように広がって、カレンがげらげら笑う。

DSC00575.jpg

カレンは、幼稚園で焼いたパンを可愛らしい袋に入れて持って帰って来た。今年最初のパン、味見させてもらうととても弾力があって美味しかった。

DSC00577.jpg

学校の購買で、栗を1キロ購入。4ユーロなり。どなたか先生のお宅で穫れた物で、売り上げはすべて学校の運営の資金として充てられる。

ゾロと久しぶりに漢字を2つ勉強して(今日は「占」と「店」を。)、ノートに骨を火で炙ってできるヒビで占いをする様子の絵を描いたり、お店は、ある特定の場所を占めて屋根を構えて物を売る場所であって、昔は、物を売る人は、町の中を歩いたり、自分の所へお客が出向いて来たり、必ずしも同じ場所で売り買いがなされなかったのだろうね、なんていうことに気がつく。
その間カレンが広げてみていた本は、「ヘンゼルとグレーテル」と「でんしゃえほん」





夕方になって、まだ少し明るい空にまんまるのお月さまが顔を出す。「あ、うさぎもいるね!」私は、夕ご飯の手巻き寿司の仕度にかかる。
その間、カレンがベランダにテーブルを出して、きれいにテーブルを飾ってくれた。真ん中に大きなろうそくとそれを囲む小石たち。お野菜と果物もかごにならべて、おはぎと一緒にお供えする。
暗くなると、ベランダ中にありったけのランタンをぶら下げ、灯りをともす。今夜は、気温もそれほど涼しくない。明るく光る月を見ながらわいわいとお腹いっぱい食べる。

DSC00581.jpg


子供が寝静まった後、お友達に教えてもらった9月末に沖縄で行われた広瀬隆の講演「福島から広がる放射能汚染の恐怖」を意を決して観る。子供をすべての手を尽くして被ばくから守らなくてはならないこと、福島は津波ではなく地震により破壊されたこと、日本は地震の活動期にあり、全国にある原発はとてつもない危険性を抱えている事。。多くの人に見てもらいたい。

ビデオを見ている途中、なんだかうなされている様子のカレン。寝室に行ってそばに横になると「ママ、ママ、きなこの!きなこの!あっちへいこうよ。」「え、お腹空いてるの?いいよ、じゃあ行って食べようか。」と答えると、ころんと体の向きを変えてぐうぐうぐうと寝息をたてはじめた我が娘でした。夢だったのね。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。