スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしい言葉。

2012.05.12 21:49|未分類
どようび

お友達のお宅にカレンと二人でお邪魔した帰り。電車の中で、私が「○○ちゃんのお母さんはお料理が上手で」「△△くんのお母さんのお菓子もすごく美味しかったし」と話したら、カレン「ママだってお料理上手だよ。○○ちゃんのお母さんとか、△△くんのお母さんばっかり上手っていうけど、そんな事無いよ。ママもだよ。ノエ、ママの作るムーズリお店のよりずっと好きだし。」と言ってくれた。あら、どうもありがとう。
スポンサーサイト

ぼくね、じんとしてたんだよ。

2012.05.11 21:12|未分類
きんようび

お風呂上がりのゾロ、ここのところ数日はいつもベッドの中で一年生の時から私と一緒に作って来た漢字のノートを見ている。(今、9冊目!)例えば1年しか前ではない時に書いたノートでは、字の書き方や絵の書き方が大分幼くて、それを自分で見るのが楽しいらしい。
今日、私のところにそのノートを持って来て、「ママ、見て。僕はこのノートの中で一番うまく描けてると思う絵はこれだよ。」とか「ははは、ここのひらがな間違えて書いてるよ。」「あ、この時僕が集中してなくてママが怒ったんだよ。(そうだったっけ?(母))」なんてページをめくる度になつかしい思い出がよみがえる。
そして、うれしかったのは、「僕はね、いつも、漢字のときママが話すおはなしが好きだったんだよ。漢字を勉強するよりお話を聞くのが好きで、いつもじんとしてたんだよ。」
私も太古に想いをはせながら、ゾロと一緒に一字一字味わいながら学んで行くのは本当に楽しい経験で、大人になってから漢字の世界の美しさを発見する機会を与えてくれたわが息子に感謝したいと思う。
そして、毎回毎回、私が感じていた感動をゾロも同じように感じていて、二人とも今ではうる覚えのお話もそれぞれが美しいイメージとして私達の中に残っていること、とてもうれしい。
これからもそのような時間を、感動を共有して行こう。

来年度からは、カレンも一年生。そうしたら、彼女とも一緒にまた文字のおはなしの旅ができる。楽しみだな。

最後のパン。

2012.05.09 21:12|未分類
すいようび

学校のクラフト班で、エルフの人形を作っているとき、私達の教室にも廊下からパンの焼けるいいにおいがして来た。「うーん」とその空気を吸い込んでいると、横でカレンの担任のb先生が、「これ、私達の教室からよ。」とのこと。「そして、今日は年長さんたちは特別な物を作ったの。」「え?なあに?」とは、私ともう一人同じクラスのお母さんf。「まあ楽しみにしていて。」
子ども達を迎えに行くと、綺麗に包装された大きなパンが目に入った。カレンが自分のを私に手渡して、「ママ、これが最後のパンだよ。」「どういうこと?」「もう今年は幼稚園で作らないんだって。」
あ、そうか、だからこれがカレンが幼稚園で焼いた最後のパンなんだ。。。と思ったとたん、なんだか胸が熱くなる。毎週毎週繰り返して焼いて家に持って帰って来たパン。もう、これで終わり。
永遠に続くように思われていたけれど、子ども達はは大きくなって今まで繰り返しの中で守られた暖かな殻から抜け出して、新しい学びの道へ発とうとしているのだった。今年度も残りあと1ヶ月と少し、か。

家に帰ってから、パンはスライスしてありがたくおやつにいただいた。ブルーベリージャムやチョコレートペーストを思い思いに塗って。


| 2012.05 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。