スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩いて30秒のところに

2010.01.23 00:28|未分類
自宅から歩いて30秒の近さに、Cちゃん家族は住む。普段思うより見かけないのだけど、時々道ばたでばたりと会っておしゃべりしたり、思い出したように連絡を取り合い、家を行き来する仲である。Cちゃんは、Dと同じ年齢で、2人とも性質が似ているところがあるので、楽しく遊べるお友達だ。金曜日の夕方、私達3人がお宅へおじゃました。Indovina chi?を持参して。
家に着くなり、二組に別れてまず一ゲーム。すると、お母さんCが、「今日は、チョコレートのケーキを焼いたのよ」と声をかけてくれ、おやつの時間。卵なし乳なしのチョコレートケーキとてもおいしかったので、早速レシピをねだる。
某ドイツ玩具会社のねずみのゲームをまねて手作りしたゲームで、もりあがる。かえるの王子のお話をイタリア語と日本語2カ国語同時でやる。すると、デイビッドも「先生が学校でこんな話もしてくれたよ」と、半分人間半分はりねずみの子どもの昔話を。わたしは情けないけど、息子の話すイタリア語が半分もわからないわ。。。あとで、日本語で教えてもらえたらうれしいんだけど。。。。
今日の夕ご飯は、なあに?との母さんCの質問に、わたしは玄米よ。というと、「あら!うちも玄米。」「中身は?」「うちは、ペストご飯」「うちはグリーンピース。」なんだかうれしい。とてもたのしい夕方。
創造性とユーモアにあふれ、とても感じのいい素敵な家族なのだ。でも、今日のわたしはここで、「将来までずっと自分がどこで生活しどうやって暮らしていくのか明るい見通しがある、仕事をきちんと持っていて、家もある。」この安心感、このゆとり感がとてもうらやましく感じる。ああ、いやな私!でも、これがローマにいる私の心の中にずっとずっとあるのだ。これが表に出て来たり隠れたりいろいろはするけれど。でもいつもある。この不安定さから抜け出したい。でも、どうやって?本当の自分の道を知る、自由な人になりたい。あーあ!

今日は、デイビッドのクラスではローマ数字のXを勉強したそう。先生が黒板にはじめにクロスを書かれたので、これを見たデイビッドが「これは、漢字の十!」と言ったらしい。そこでみなで漢字とローマ数字のふたつの10を学ぶことになったらしい。それにしても、太古の人たちは、遠くに住んでいても物事に関するシンボルは、皆似たものだったような。数もそうだし、惑星に関するものも、と私が言うと、昔は、人々は物事ともっと直につながっていたのよ、と先生。帰り道、太古の人に思いを馳せながら家に着く。
スポンサーサイト

あやとり

2010.01.22 09:54|未分類
いつもデイビッドのクラスの子どもは、一日の終わりには校庭に出て自由な外遊び。今週から、ちらほらとあやとりをする子どもの姿。あらら、と思って1人の女の子に「わたしも入れて」と声をかける。2人あやとりをやってみると、なんと私の知ってるのと同じやり方!横に立っていらしたその女の子のおじいさんおばあさんもご存知の様子。あらら、あやとりって日本の遊びだとてっきり勘違いしていた。ほかのお母さんにも聞いてみると、「わたしも小さい頃やってたわよ。足でも同じ事やったんだけど、そのやり方は思い出せないのよ。」デイビッドも、クラスメートのマルコくんと2人あやとり。一緒にあやとりできる友達が見つかってよかったねえ!あとは、デイビッド考案のこのホッケーゲームの相手を飽きずにしてくれる子が見つかればいいんだけどなあ。私は、毎日学校から帰った後夕食の仕度を始める前まで、「ママ、やろう!」「あともう一試合!」と熱心にお願いされて付き合っているけど、大人は子どものように夢中になれないのよ。
明日は、同じ通りにすむCちゃんのお宅へ遊びに行く。Indovina chi?をして遊びたいのだそう!Cちゃん、ホッケーゲームはいかがでしょう?

昨夜、いやーな夢を見る。最近はずっと頭の中になかったはずの心配事がまたふっと沸いてくる。もう!私に光を!

朝の光

2010.01.21 08:33|未分類
冬は、歩きながら光を求める。バスの窓からも、光を探して空を見上げる。凍り付くような寒い日の日中、葉っぱのもうない木々の枝の間から見える日の光のなんと美しいこと。今日も晴れ、コーヒーを片手に窓から朝日を眺める。窓をあけて、新鮮な空気を吸い込む。
もう春はすぐそこのよう。学校への通り道の桜の木がもう芽吹いている。誰かの庭のミモザも黄色い花を咲かせている。今年は暖冬。寒さをあまり感じずこのまま春になってしまうのは、うれしいようで、でも一方で為すべき事をせずに過ごしてしまうような気分である。
私は、どうやら冬の間は書けなくて、少し暖かくなると書きたくなるようである。

きのう仕込んだ味噌、初夏にふたを開けるのが楽しみだ。今日は、これからお米を買いに出かける。

夜、「わたしのワンピース」を子どもと読んでいて、私はペンタトニック音階に音を探して旋律をつけて読んでいた。すると、デイビッドもわたしの旋律に応えるように、彼のメロディーで私に話しかける。音楽的なコミュニュケーションができるなんて、すごい!
昨晩は、ソーラン節を口ずさんでいた。またどうして、どこからその歌が心の中にやってきたのだろう。
| 2010.01 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。