スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭での手当、見極めのライン

2009.11.10 12:45|未分類
朝、私の熱は下がったよう。ノエが自作の歌を歌いながら私を起こしにやって来た。あらら、子供の中から出てくる歌って、本当に5度の音階にのっている。
外はとてもいいお天気。そういえば明日は聖マルティヌスの日。彼が、今年もこの好天気を運んでくれたのかしら。あーあ、みんなで外へ散歩に出てひなたぼっこでもしたいものだ。せめて、たまった洗濯物を外に干そう。ノエは、私が病気になってからまたすっかりママっ子にもどり今日も朝から私にべったり。私が元気がないとやっぱり心配なのだろうな。母はやはり揺るがない大地のような存在であるべきだ。早く良くなろう。
そうそう、洗濯物を干す私の横で、ノエはシャボン玉をしながら、「ママ、ノエ、ダダのオフィスにいきたいな」「そう?じゃあ、きっとノエの幼稚園がクリスマスのお休みに入ったら行こうね」「そうしたら、(最上階にある)レストランに行きたい」「いいわよ。何が食べたいの?」「ノエは、ハンバーガー!」「ハンバーガーってサンドイッチのこと?(父娘の間では、ジャムをはさんだサンドウィッチを、ジャムハンバガー!と呼ぶため。)」「そう!サンドイッチ!」「ママはお魚かな?」「じゃあ、はんぶんこね。ハンバーガーとおさかな。」
何しろ、土曜日からは私自身が熱でダウン。昼前から寒気がして、熱を測ると38度。ゴードンに買って来てもらっていたラディッシュをすって大根湯を作り、布団をかぶって横になり少し汗をかくけれど、熱は下がらず解熱剤を飲む。一旦熱は下がるけれども薬がきれると熱は39度近くまで一気に戻る。これの繰り返しだった。月曜日、何か別の方法をとるべきと思って、腹をくくりベラドンナで熱を下げる方法をとる。熱は38度あたりから徐々に上がって一旦は40度手前に。レメディを摂る直後、毎回頭や顔が乾く感覚がするけれどその後、体の芯から熱や力が沸いてくる心地よい感覚。狙い通り40度をピークに体から汗が出始め徐々に熱は38度まで下がった。これで、晩に解熱剤を使えば、熱から克服できるだろう。期待通りの経過を得られて達成感はあったけれど、でも、39度、40度の熱って???これはもしかして?
デイビッドは、木曜日に熱を出してから次の日には家でよく遊んでいた。毎日徐々に熱も下がり、昨日はほぼ治ったかな?と思っていた。ノエは、土曜日の朝より発熱。熱は37度5分から38度後半あたり。せきと鼻水。ゴードンが、健康で子供2人の面倒をみてくれたのが本当に何より。「あなたが強いままでなにより」と言ったら、あわてて木をたたく迷信深いゴードン。何しろ彼の文化では、目の前の幸運を口に出して言うとそこにいたずら悪魔がやってくると言われているそう。
今日は、ようやく起き上がって家のことをできるのがうれしい。この3日、子供と全く遊べなかったから、今日は夕方までにこにこお日様のような母でいたいと思う(けれども、すぐに雷になる)。昨日まで元気だったはずのデイビッドが今日は朝から調子が悪そう。少し熱が上がり、布団をかぶると眠った。おかしいな、と思うけれど、今日は5時半に小児科の先生のところで診てもらう予定、タクシーで向かう。あとは先生に全部委ねられると思うと気が楽になる。
先生にデイビッドと私の症状を話すと、「これはおそらくインフルエンザよ」と。私自身も、自分が熱を出した時点で実は気付いていた、やっぱりそうか。確かに、デイビッドが初めに熱を出した時、「え?」と思う瞬間があった。でも、解熱剤が効いて、次の日から家で元気に遊んでよく食べていたので、喉とお腹の風邪だと思っていた。先生には、「もっと早く私に連絡してくれたら電話でアドヴァイスができたかもしれないわよ」と諭される。流行っている新型インフルエンザではないという直感はあったけど、きっと、最初の「え?」の時点で先生に一報入れておくべきだったのだろう。インフルエンザの場合、病気が思わぬ方向へ急激に向かう事もある。私自身、必要な時は先生の診断を仰ぎ、自分自身で囲い込まないつもりでいた。でも今回は、このラインの見極めが甘かったのだろうな。いつも超多忙な先生に、大分遠慮していた部分のある私。週末をはさんでいたこともある。でも、反省。勉強できてよかった。インフルエンザがどういうものなのか、今までよりわかった。
薬局で3人分の薬を購入。これまで一度に薬局でこんなに薬を買った事はなかったほどの量。でも、これで私達の病気の治療も正しい軌道にのった。あとは、それに従うのみ。安心。
スポンサーサイト

バナナケーキを焼いて

2009.11.06 09:34|未分類
朝、デイビッドが起きて「具合が悪い」と訴える。熱はまだないけれど、すぐ手前。昨夜は背中とお腹が痛くてよく眠れなかったそうだ。学校を休ませる。送り迎えの手が不足のため、ノエもお休み。
昨日切り紙遊びでできた、ちょうちょが今日は妖精の羽に。「ママ、ひもをつけてちょうだい」とノエ。背中に付けてご機嫌の笑顔。
朝は、皆でデイビッド考案の野球風ゲームで遊んだり、本を読んだり。お友達のmarianiさんが、届け物のために立ち寄ってくれる。ユーカリとミントのバスオイル、手作りのジャムと私のために育児雑誌も一緒に。なんて優しいのでしょう。本当にありがたい大切なお友達。
案の定、デイビッドの熱は、39度まで上がる。リビングルームにベッドからマットレスを運んで、横になる。ベッラドンナを与えると少し眠った。
私とノエは、横で静かにパズルをして遊ぶ。デイビッドは目覚めると、少し熱がひいて、気分がよくなったよう。レモン湿布を足にしてみるけれど、「ひゃあ、冷たいよ~」あまり気持ちよくなかったよう。水をたくさん飲む。でも、その後また熱は上がり、39度まで。頭が痛いと訴える。状態をみて、解熱剤を飲ませることにする。すると、気分が良くなり、食欲も。ナシを二つぺろりと食べて、オーブンの中のバナナケーキはまだかまだかと催促される。焼きたてのバナナケーキをおいしいと食べる。
紙芝居とお話の会がにわかに開かれる。予想通り、「ごきげんのわるいコックさん」はとても楽しく見てくれた。それから、「3匹のくま」を3回ぐらい繰り返して読む。
夕食の準備をしている間、デイビッドとノエは2人でIndovina chi?とその他、ノエがビー玉を使って考えたゲームで遊ぶ。途中、デイビッドがキッチンにやって来て、「ママ、もっとバナナケーキ食べていい?ぼく、バナナケーキ食べたらなんだか元気が出たんだよ。」と。じゃあ、好きなだけ食べなさいよ、と切り与える私。風邪でお腹の調子も良くない子に、卵のたっぷり入ったケーキを食べさせるなんて、お医者さんがみたら「やれやれ」でしょうけれど。
夕食には、お豆とパスタのスープを食べた。

雨がしとしと

2009.11.04 00:24|未分類
雨が続いて洗濯物が乾かない。朝、洗濯機で洗った物も、干す場所が無し。
ほうじ茶をいれて、かみしばいを読む練習。一つ借りてきた観客参加型の「ごきげんのわるいコックさん」というのは、いろいろなしかけがあり、読み手の初心者の私は、少し難しいのを選んじゃったかしら?という気もするけれど、とても愉快な話!明日お友達が遊びに来てくれる予定なので、家の掃除をしようかと思うけれど、思う腰はあがらず。昨日浸しておいた豆を使って豆乳作り。先日マクロビの店で買ったラベンダー石けんはとても柔らかく泡立ちがよい。洗面所で手洗いの石けんにして使っていたけれど、小さくなって溶けてきた。それではと思って、この石けんを水に溶かし液体石鹸にしてみた。小さなポンプ式のボトルにいれて、早めに使おう。
1人の昼食は手早く済ませ、おやつのために、なしとアーモンドのキャラメル味のパイを焼きながら、ローズウィンドウ作りの練習を。できた作品に光を透かしてみる。
幼稚園のノエのクラスにチーズの丸い空箱を持っていく。来週のサン・マルティーノの日のランタン作りのため。今年は箱が足りなくって、”持って来て下さい”との張り紙が数日前にドアにはられたのを見て、私はスーパーマーケットへ走ったのだ。
学校から乗るバスが今日は早く出発したので、4時前に家に着く。おやつを食べながら、子供と切り紙大会。
夕ご飯は、家に残った食材をフルに活用して。玄米ご飯、いもとわかめの味噌汁、キャベツとじゃこの塩炒め、車麩の唐揚げ、金時豆の煮豆


雨がはらはら

2009.11.02 13:19|未分類
朝、ようやく皆そろって元気に学校へ向かう。見送りをした後、病後ようやく飲めるようになったコーヒーを飲みながら、今週の仕事の段取りなどについて考える。といっても、掃除や買い物、料理など主婦業のことなんだけど、でもこうすると事がスムーズに進む。3冊の家事ノートを広げながら。昨日は、家計簿、10月の決算をしたけど、落ち込まずに前向きにいこう。こういう時は、アイディアで勝負なのだ。
洗濯物を外へ干そうと思うけど、外はなんだか風がぴゅうぴゅうと吹いていて、ベランダに出たくないなあと思う。しばらくすると案の定、雨が降って来た。秋の雨。寒さが来るなあ。
来年の家計簿を電話で注文する。イーメイルを何通か書いて送る。病気の間、片付けをおろそかにしたので、部屋の中がごたごたしている。どこから手をつけたらいいかわからないけれど、とりあえず自分の主婦スペースから整理を始める。途中、汚れの目立ってきたノエのスモックを赤ワインに浸しながら。きれいな秋色のピンクに染まるかしら。
探していたミューズリのレシピがでてきたので、早速作る。今日のおやつや夕ご飯の献立を考えて、玄米を洗っておく。
雨具と長靴と傘の用意をして、学校へ向かう。郵便箱の所に、うれしいことに日本から送った本の包みを見つける。待つこと3ヶ月。でも、着いて良かった!
帰りのバスの中で、バナナを食べるおさるたち。デイビッドは、今日もクラスのガキ大将君に、自分んがお友達を作っていたものを壊され、怒り顔で下校。もう頭にきた!といい、家に帰ってから日本語で作文。
「○○に きょうもやられた。いっしょうけんめいつくってたすなをとりました。いやだ。」
言いたい事が実にストレートに書かれている。
その後、本の包みを開けて、たくさんの本たちにわき上がる親子3人。ポテトチップのおやつを食べながら、気分は上々。
そうそう、学校からの帰り道、ノエはずうっとイタリア語の色の名前を言い続けていた。「ロッソ見つけた!」「これは、ヴェルデ!」。「薄い紫はリラというんだよ」なんてお兄さん顔して教えるデイビッド。最近のノエの日本語、らりるれろのRがイタリア語の巻き舌風発音になって「これ、わかRRRRRaない」なんていうから、少し驚いている。
今日もわたしの髪の毛を三つ編み風にしてピンをたくさんつけてくれる。「ママ、かわいくしてあげたよ。」ですって。

夕ご飯:ひじきの混ぜご飯、打ち豆入りの味噌汁、金時豆の煮物、セイタンの焼いたやつ。(野菜が足りません。。)

お願い。行方不明のデイビッドのライトグリーンのレインジャケットが見つかりますように。

ハロウィン

2009.11.01 16:37|未分類
土曜日
今日は、ハロウィン。朝起きて、ブログの模様替え。デイビッドと一緒に、テンプレートを選ぶ。素敵なので、親子2人で気に入って喜ぶ。
朝ご飯に、フレンチトーストを。メープルシロップをたっぷりかけて食べる。
午前中、子供達は父親とともにマーケットへ行き、かぼちゃを買いに出かける。Indovina chi?に熱中している、2人を外へ連れ出すのは大変の苦労だったけど。
その間、私はお弁当作り。昨日の栗ごはんにゆかりを混ぜて、おにぎりをむすび、人参入りのたまごやきとスイスチャードのにんにく炒め。午後、今月のみ公開されている市内の日本庭園へ出かけるため。でも、出かける前にお腹がすいてしまって、家で食べる。
バスを乗りつぎ、着いたらば、なんと門は閉まっていた。。。土曜日は、午前中のみしか開いていないそう。がっくりと肩を落とし、その足で帰ってくる。
でも、今日は忙しいのだ。家へ着くと、早速子供と父親はジャックオーランタンの準備にかかる。デイビッドがデザインをしている間、ノエと連れ合いはカボチャの中身をスプーンでくりぬく。デイビッドがカボチャに顔の絵を描いて、ゴードンがナイフをいれて穴をあける。今年のは、とてもやさしい顔。大きな穴が開いているから、ろうそくを灯すと、かぼちゃのオレンジ色が明るく光ってとてもきれいだった。

夕ご飯は、たまねぎソースのパスタ、蒸しカボチャとモッツアレッラチーズのはさみ焼き、金時豆。食後には、炒ったかぼちゃの種を。

子供がベッドに入る頃、下の階のおばさんから新鮮な卵を3ついただく。お礼を言って、いよいよ寝ようかと言うとき、隣のノンナがリングクッキーを持って来てくれた。私達家族は、こうやって皆に気にかけていただいて、ありがたいなあ。

デイビッド、ベッドに入り、いつもどおり私と手をつなぐ。「ママ、今日はハロウィンだから余計にこわい!」ご飯の後も、ジャックオーランタンを魔女が見つけてやってこないか心配していたものね。


日曜日
ノエと、朝、がらくた市へ。毎週開かれるこの市は、家から子供と歩いて10分の距離。今朝は、毛糸と布を買いたくて、出かけたけれど、お目当てのものは見つからず。でも、カラリと晴れた朝の散歩はとても気持ちがよい。貝殻と石を売っているスタンドで、ノエは紫色の石を選び、家へ帰った。
午後、デイビッドに2本の人差し指でひもを編むやり方を教えてもらう。2人の子供は、またまたIndoina chi?私は、横でひもを編む。連れ合いが子供達を外に遊びに出してくれる。私は、プラムのジャムでクロスタータ(ジャムタルト)を作る。おやつに食べよう。
夜、シルクの布の縁かがりをやっと終えた!D先生にお手紙を包んで持っていこう。

黄色い葉っぱがはらはらと

2009.11.01 16:16|未分類
水曜日 
久々に、2人揃って学校へ行く。帰り道、友人が車で近くまで送ってくれる。家まで歩く途中、風が吹いて、木からはらはらと黄色い葉っぱが散って落ちるのを見る。「秋だね」と言い合う瞬間。
デイビッド、ひらがな全部の文字の練習を終える。夏休み中から一文字一文字ゆっくり時間をかけて、途中まったくやらない日もはさみながら。それぞれの文字にかけた時間は、僅かなのに、かなりよく覚えているので、この子の記憶力の良さにまたびっくり。”もじのかたちをとらえるための ひらがな れんしゅうちょう”を使いながら勉強した。これから母と息子の交換日記をやりたいな!

木曜日
今日は、弟の誕生日。2人の子供と一緒にスカイプをして、おめでとうを伝える。

おやつに、なしとチョコレートのケーキを食べて、夕ご飯は、(病気の間は本当に何を食べて暮らしていたのか、ここのところの台所ノートは真っ白である。)トマトとなすクリームのラザニア、蒸したインゲン。

金曜日
前日の晩、ノエの目に軽いものもらい、喉にまだ黄色くぽつと炎症があるのを確認して、幼稚園は休ませる。最近熱中しているIndovina chi?というゲームでたくさん遊び、乾いたお皿の絵付けをした。ヘーゼルナッツを割り、くりをむく。
デイビッドはお友達とうまく遊べなかった時は、ブスっとした顔で教室を出てくる。今日もそうだったけれど、家に帰って一緒に残りのくりを剥いているうちに、笑顔に。今日は、Bの字を習ったそうだ。

夕ご飯:くりご飯、味噌汁、テンペの照り焼き、蒸しいんげん
| 2009.11 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。