スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜も月がきれいだった。

2009.02.27 22:35|未分類
金曜日

今朝、私はあまり食べたいと思わなかったけど、キッチンに山になっている食器類をすっかりきれいにしてしまわないといけなかったので、コーヒーを飲んで目を覚ます。
ノエと一緒にDjecoのマグネットのおもちゃで遊んで、彼女が集中し始めると、私はキッチンへ入り急いで洗い物をした。途中から、ノエも食器を拭いてお手伝いをしてくれる。
キッチンが片付くと一緒にお絵描きをした。私がなにげなく描いた輪郭に、恐竜をみて、顔を入れるノエ。一緒に体に模様をつける。その後も、もぐら、あひるなどのびのびとページいっぱいに描く。ノエの描く絵は、いつもにっこりした顔が付いていて、ほのぼのかわいい。世界のみんながこんな風に笑っていたらいいなあ、と思う。
本を読む。「うさこちゃんとうみ」「うさこちゃんとどうぶつえん」「こんにちは みんな!」「とんねるをぬけると」「バムとケロのおかいもの」「バムとケロのさむいあさ
一緒にお風呂に入った後、お昼ご飯を食べる。今日は、冷蔵庫にある残り物を食べる。ノエはトマトソースパスタとプロシュート、私は玄米ご飯を醤油とオリーブオイルで味付けして食べる。しかし、ノエは、なんと生ハムをのどにつまらせて、母子とも恐ろしい思いをした!確か、同じような事が以前にもあったな。かなり久しぶりに食べたのと、今日のスライスは厚めだったことも理由かもしれないけど、今度もし食べさせる時はよく噛むように伝えよう。
今日は、デイビッドを早めに幼稚園に迎えに行き、少し遠くに住むお友達のお家へ遊びに行くのだ。それにしても、いいお天気!途中の桜並木も日に日につぼみが開いている。バスと電車で移動の途中、わらべうた「どどっこ やがいん」を歌い、遊ぶ。待ち時間などで子供が飽きてしまったときなど、わらべうたがいつも助けてくれる。最も、今日は子供の側から始めていたけど。デイビッドは初めてのる電車がうれしくて、宝物のローマの交通マップを眺めて、路線を確認している。
marianiさんのお宅に、到着したのは3時過ぎ。ブログでいつも拝見していた素敵な生活を覗いてみたい念願叶う。子供達が一緒に電車のおもちゃで遊んでいる間、母はおいしいお茶とクッキーをいただきながら楽しくかつとても興味深いおしゃべり。素敵な音楽も聞きながら、私はすっかりリラックス。途中から、marianiさんがクッキーの生地を手早くこねて下さり、子供達はたのしい動物のクッキー型で型抜き作業をする。チョコレートチップで入れられたそれぞれの目の表情のユーモラスなこと!marianiママがクッキーを焼くお仕事をして下さっているあいだ、私は子供達と一緒にソファに座り、ゆったりと絵本を読んで楽しむ。そして、オーブンから焼きたてのクッキーを食べるのはいつも幸せである。もっともっと、遊んでいたかったし、もっともっとお話したいことはたくさんあったけど、また次の機会を心待ちにして、お宅を失礼する。帰りのタクシーの窓から、空に浮かぶ新月をきれいだね、と眺める。ビルの陰に隠れては、また隙間から出てくるのを見て喜ぶ。

木曜日
今朝は、写真屋に現像を頼んだ写真を受け取りに行きたかったので、ノエに「おでかけ」の予定を伝える。すると、大喜び。すぐに洋服を着替えておしゃれをして行くと言う。お気に入りのママ手作りのドレスを着て、ネックレスをつける。
写真屋さんで写真を受け取ると、近くのピアッツァで遊ぼうとしたけれど、今朝は、寒い。ピアッツァもほとんどが日陰に隠れていたので、遊びを少しだけした後、近くのボダムのカフェでお茶をすることにする。ここへ入るのは今日が初めて。ノエは、サワーチェリーののったタルトを選び、絞りたてのオレンジジュースを飲んだ。私は、カプチーノとハチミツ入りのコルネット。中は、あまり人がいなかったので、ゆったりとテーブルに座ることができた。お腹がいっぱいになった後、二人でさっき受け取った写真の袋を開けて、中身を見る。中には、去年の春の写真もあって、まだ一年もたたないうちに子供がどれだけ成長したか、はっきり確認できた。カーニバルの写真もできたので、焼き増しして日本とカナダの両親へ送ろう。
お昼ご飯を食べた後、ノエがどうしてもというので、短い時間だったけど、お日様のもとで三輪車にのったり、かけっこをしたりして遊ぶ。ノエは赤ちゃんの人形をおんぶひもでおんぶして三輪車をこいだ。
デイビッドを迎えに行くためバスに乗る前に、最寄りのタバコ屋で来月のバスの定期を買う。間違えて、「4月の定期をください」という私。だって、まわりはすっかり春らしくなってきたし、今朝もゴードンが間違えて「きのうは春分の日だった」なんて言っていたし、久しぶりにスーパーマーケットで買い物してきた食品の賞味期限の表示もすべて3月だった。だから、なんとなく、今、私は3月を生きているような気になって少し混乱していたのだ。
バスは混んでいた。ノエに、「ゲゲゲ」の歌をリクエストされ、仕方なく肝を据えて歌う母。幼稚園で、ダニエラ先生を見かけて、少しお話する。つたないイタリア語のため、会話は全くスムーズでないけれど、いつも穏やかにつきあって下さる。先生自身も3人の子供を育てているママであり、「ママ業はよい訓練よ!」という力づよい言葉が私を励ます。そうだ、これは私自身が人生を自由に豊かに生きるためのその力を鍛えるためのエクササイズなのだ。この言葉を胸に、前向きに今の生活を楽しもう。
夕方、デイビッドの音楽クラスへ向かう途中、デイビッドと「おはなしのろうそく」の中のお話がいかにおもしろいかで、話が盛り上がる。「3人ばか」のズボンの中に反対側から走り飛び込み、はこうとする男の人!池の中に映った月をみて、月が落っこちたと思う人たち!
今日のクラスでは、「フレールージャック、フレールージャック」のあの節を展開させてジャズっぽいバリエーションにしたり、短調にしたりして歌っていたのが壁の向こうから聞こえて来た。今日も、ノエは疲れのため、ベビーカーの中で居眠り。私は、ゆったりと魔法瓶の中に持ってきたほうじ茶を飲みながら、読みかけだったシュタイナーの「健康と食事」を読み終える。大根や人参、じゃがいもの話。ミルクの話。コーヒーの話、いかに私達の体が宇宙と太陽系と地球とつながっているのか、という話。果物をいただくとき、私達は太陽のエネルギーを受け取るのだと言う事。今日から私の世界は、また少し違って見えるようになったな。
夕食は、ほうれん草とリコッタのラビオリ。それから、レンズ豆。食後にボダムから持ち帰ったミニケーキを。一同、沸き立つ。
スポンサーサイト

春のお部屋へ模様替え

2009.02.25 21:56|未分類
朝、デイビッドとゴードンを見送る。今朝も梅醤番茶の気分。ノエには、自家製天然酵母全粒粉パンにいちごチョコペーストをのせてあげる。一番最後に読んだマクロビの本で、「粉ばかり食べ過ぎると体のなかがどろっとなる」と読んでから、パンを食べるのがすごく悪い事のように感じるけど、一度その情報を頭から取り去ろうと思う。そうしないと、我が家の食卓はまだうまく回って行かない。私なりに、食生活に関する課題は、少しずつ消化していこう。一年たったら、どんなものを食べているんだろう。
今日もいいお天気。部屋の中にやわらかな光が差し込む。春!今朝は、季節のテーブルにひな人形を飾ろうと思っていたのだ。はしごを登り、去年デイビッドと折り紙で折った男雛と女雛を取り出す。ひな壇をその昔キッチンで染めたピンクの布とふわふわの毛糸で包み、おひな様を飾る。桃の花の絵も横に添える。
その後、調子づいて、部屋の中の仕事をしたくなる。昨日、学校の庭の桑の木の枝を2本もらって来た。ごちゃごちゃしているおもちゃ棚上段に目隠しのためのカーテンを張ろうと思ってのためだ。早速、なんとなくやってみる事に。布の箱を探すと、マリメッコの布が大きさ的によさそう。とりあえず、これを使ってみる。とりあえず、なので、耳の部分は折り曲げて安全ピンで止める。いい感じ。
さらに、もう一本の枝を壁に渡し、長ーいハギレを通す。前からやってみたいと思っていた、天井カーテン。すてきなお家風空間が出来上がる。光が布を通り、布の色がうっすらと壁に写る。ノエとおままごとをする。
その後、シャーラ公園へ。なかなかバスが来ない。でも、ひなたぼっこをしながら、空の色を見ながらなら全然平気。ノエは、枝の上に止まっては行く小鳥を見つけては喜んでいた。
今日はバールにて、生ハム、チーズとルッコラのサンドウィッチ(ノエ)、野菜のグリルとチーズのパニーノを手に入れる。酢の味がかなり効いた野菜のグリルが、思いのほかチーズにあっていた。ノエが自分が食べきれなかったほんのはじっこの分を私にくれたので、食べてみるが、なんだかこのパン、サルメリーア(ハムやベーコンを売る加工肉食品屋)の匂いがして、美味しく感じなかった。ごめんなさい。
今日は、公園に着くのが遅くなってしまったので、大好きなブランコも少ししかできなかった。もっともっと遊びたいノエをいいなだめ、バスへ飛び乗る。手には、ふちがピンク色のマルゲリータの花3本。お友達のお母さんのSさんに見せたいのだそうだ。
デイビッドと3人、幼稚園から急いで家に帰る。今日こそは、おばあちゃまとスカイプをしたいのだ。デイビッドの手には、黄色の紙ナプキンに包まれた丸パン。毎週水曜日に先生と焼くのだ。
おやつに、冷凍庫から出しておいた粒あんを使って、ぺったんこまんじゅうを作る。おろし生姜をいれた生地の皮にあんを包み、ごまをまぶし、つぶしながらフライパンで焼く。皮の生地に黒砂糖を使ったせいかいろんな風味が一つのまんじゅうの中に入りすぎていたような。次はもっと甘みも減らそう。
二人は昨日のバス遊びにまたとりかかっていた。ノエがお客さんの時は、あかちゃんをベビーカーに入れてバスに乗り込む。いつのまにか、へんな音のするエンジンの、おならが燃料で臭い排気ガスの出るエコバスが登場して大盛り上がりする。我が家の子供の大好きなのはこういうネタである。
夕食は、トマトソースの全粒粉パスタにテンペの焼いたの。大人には、豆腐を料理しようと思っていたが、パックを開けるとすでに痛んでいた。賞味期限は今日までと書いてあったのだけど、こんなことなら冷凍豆腐にするべきだったな。ああ、もったいないことをした。ちょうど良く、パスタを茹でるのと同時にレンズ豆を茹でていたので、これを食べる。



寝不足の次の日

2009.02.24 23:23|未分類
昨日、月曜日はなんだか一日とても疲れていた。その前の夜、ノエの鼻づまりがひどく、何度も起きてきたので、私も良く寝られなかったのだ。夜中、お友達にたまねぎをスライスして枕元に置くといいと教えてもらったのを思い出して、やってみる。すると、コトン、と寝に戻った!ベッドルーム中にタマネギの匂いが漂ったけれど。
朝、ベッドの中でデイビッドとゴードンを見送る。朝ご飯の後、ノエと二人でわらべうた。だるまさんをやるとき、ノエは私の怒った顔があまり好きでないので、こう歌う。「だるまさん だるまさん にらめっこしましょ わらうとまけよ にっこり!」。
午後、デイビッドとノエはぬりえがしたい、というので、ぬりえやさんで何枚かプリントしてあげる。
何かにつけて、ちょっとした事で、声を荒げそうになる私。その度に、「失礼。ママ、昨日寝られなくて疲れてるだけです。」と告げる。
私が夕ご飯の支度をする間、子供達はお風呂に入る。今日は、湯船に少しお湯が入ったところで、子供が中に入り、私はキッチンに戻って少し仕事を続けるつもりが、うっかり。デイビッドの「ママぁ!」という声に、急いで浴室へ行くと、お風呂のお湯が湯船のかなり高いところまで来ていた。タンクの中にあるお湯も途中で終わってしまって、できあがったのは、深いけど、ヌルーイお風呂。。仕方なく、急いで体を洗わせて、急いであがる。急いで急いで!お風呂の時間はせっかくのお楽しみだったのに。
夕食:玄米、大根とわかめの味噌汁、鶏胸肉の生姜焼き/湯豆腐、大根菜のおひたし

火曜日
朝。昨日たくさん寝たのに、なんだかだるい。梅醤番茶をいれて飲む。そして、ノエと一緒にゆっくりお風呂。「火曜日のシャツ」を着る。家の中が、放ったらかしで片付けないといけないことばかりのように思われる。けど、今朝は、家の中を箒で掃いて、あとはゆっくりと過ごす。シナモン味の歯磨き粉を仕上げて、今日の午後、biolaの牛乳を買うためのビンを消毒したり。
お昼ごはんには、粟入りのサラダ菜とコーンのスープを作る。ショウガと醤油で味付け。
幼稚園へデイビッドを迎えに行く時、外が暖かそうだったので、今日はコートのかわりにsacaiのニットカーディガンを羽織って行く。最近、お友達何人かから、週末に車で郊外へ遠出したのよ、なんて話を聞いてうらやましい。バスの中から街路樹に咲き始めた花を見ながら、昔青森に住んでいたときに、知り合いになったハチミツの森キャンドルの蜜ろうそくアーティストのAさんのことをふと思い出す。今、東北はまだ雪深いのかしら、蜜ろうそくを灯しながらいろいろ聞いたお話は暖かで、静かに流れるようでとてもすてきだったな。そういえば、アイルランドの森の妖精のことを教えてくれたのも、彼だった。私もローマから妖精に会いに、アイルランドまで行ったっけ。なんて、いろいろ考えを巡らす。ほら、私も車で出かけなくたって、空想の中で旅をすることができる!
教室のドアの前に立つと、先生が何やらいたずらそうな顔。デイビッドが水色のマスクをしてミステリアスに登場する。そうだ、今日はカーニバルの最終日。みんなですてきなマスクを作って、学校の中パレードをしたそうだ。
家に戻っておやつの後、私は浴室の掃除を始める。デイビッドは、いすとクッションを組み合わせて、バスの座席を作り、バスごっこ。バスの行き先のラベルを作り、運転座席の前に貼付ける。ノエは、デイビッドのバスに乗せてもらって、運転手さんが休憩時間になると、私のところに来て、お掃除を手伝ってくれる。バスが発車の時間になると、「ママ、行ってくるね!」。その後、ノエも自分のバスが欲しくなり、別のいすとクッションをデイビッドと同じように組み合わせてミニバスを作る。もちろん、見よう見まねでバスの行き先の表示も作っていましたよ!紙に文字らしき物を書いて、はさみで切り取り、のりで貼付ける。
夕食は、パンケーキを食べる風習を習って、という訳ではないのですが、冷蔵庫にまだたくさん残っているサラダ菜を使ってお好み焼きを作ることに決める。3人で、マヨネーズを作る。スカロラで作ったお好み焼きもなかなかおいしい。自家製ブラウンソースとマヨネーズでいただく。食後には、この前フェアトレードの店で半額で買ったトローネを食べる。
食後にノエと「たろうのおでかけ」を読む。よく見てみると、中の挿絵のガソリンスタンドの名前が、AGIPにESSO。おしゃれなスクーターも描かれているし、ちょっとイタリアみたい。

シナモン味の歯磨き粉の作り方
材料:ベーキングソーダ 小さじ6、塩 小さじ4分の1、シナモンパウダー 適量、グリセリン 小さじ4
材料すべてを消毒済みの蓋付きガラス瓶の中でよく混ぜ、できあがり。


カーニバル

2009.02.22 22:21|未分類
金曜日

今日もデイビッドは幼稚園を休んだ。デイビッドは紙飛行機を折って飛ばす。紙飛行機は、なかなかの曲線を描いて飛ぶ。飛行機が飛んでいる瞬間は、そこにある空気が目に見えるように感じる。紙飛行機の折り方の本を、熱心にねだられて買ってあげたのは、確か去年の春先のはず。一年足らずのうちに、紙の折り方も、飛行機の飛ばし方も随分上手になったなあ、と気付く。ノエは、先日食べたチョコレートエッグ(bioの!)の中に入っていたカプセルに向かって息を吹きかけては、追いかけ、また吹いて遊んでいる。なんだ今日は、二人とも風を体験する遊びをしているな。
皆でクッションに横になり、本を読む。「そらとぶおうち」「おみせやさん」「だいくとおにろく」。
本来なら今日の午後はmarianiさんのお家へお邪魔する予定で、とても楽しみにしていたのだけど、子供の病気で予定は見送り。でも、午後、彼女からお電話をいただき、楽しいおしゃべりは、私に元気をくれた。
この間、デイビッドとノエは、いすの上に立ち、不要になったコピー用紙を次々とちぎって、ひらひらと散って行く様子を楽しんでいた。電話が終わる頃には、部屋の中には、白い紙の海が出来上がっていて、3人で泳いで遊ぶ。その後、両手を合わせて紙の小片を集めながら進む、ブルドーザーごっこをしたり、寝っ転がったノエの体を紙の山で覆ったり(私も子供二人にやってもらった。顔の上にプレイクロスをしいて、体に紙を被せてもらったけど、なんだか死に行く置いた私を土に還してくれる我が子のイメージが浮かんで少しせつなくなった。)、宝探しごっこをしたりと十分楽しむ。
おやつには、昼ご飯の後に、ノエと一緒にこねて休ませておいた生地を延ばして、カーニバルのお菓子、初めてのフラッペを作ってみる。手持ちの料理本には、油で揚げるフラッペのレシピが載っていたので、それを参照し、アレンジしてやってみる。薄く延ばした生地をオーブンで焼くと、ぷっくりと真ん中が膨らむのがかわいらしい。粉砂糖をたっぷりかけて食べた。出来上がりは、甘さ控えめの、「シュタイナー母さんのお菓子」っぽい雰囲気になった。皆でほうばる。
夕ごはんには、かぶ菜の塩ゆでと圧力鍋で簡単に作った大根と昆布と豆腐のおでん風。

土曜日

今朝は、珍しくゴードンがパンケーキを焼いてくれることに。口頭でレシピを伝え、子供も一緒に材料を入れたり、混ぜたり。砂糖は、シェフの判断により、いつもより多めに入れられる事になったよう。私は、皆の横でリンゴを刻み、最後に生地に混ぜ込んでもらう。バターで焼かれたパンケーキは、いい匂いがしてとても美味!
蕎麦ランチの後、子供二人とドレスアップを始める。午後、カーニバルの雰囲気を味わうために、近くのピアッツァへ行く事に決めたのだ。二人は得意のフェイス用クレヨンで顔にお絵描き。デイビッドの今日のイメージはクラウン。私が、画用紙でとんがり帽子を作り、ポンポンをつけ、自身でクレヨンで個性的な水玉模様をつける。水色のプレイクロスをあごひも代わりにつけて、結んだ。ノエは、ベビーカーに赤ちゃんを乗せて歩くお母さんになりたいそうだ。私の夏のスカートを履き、ピンクのクロスでリボンを結ぶとドレス風に、頭には赤いバブーシュカを。うっとり気分のお二人さん。ゴードンも、地下足袋と甚平、手ぬぐいで花咲か爺さん風に着飾っていた。手提げバスケットに、紙吹雪と紙テープを入れて出発。ピアッツァに着くと、他の子供も思い思いのコスチュームで遊びに来ていた。隣のイタリア人のお父さんが紙テープに息を吹きかけて飛ばすのを見て、私達もやり方を学ぶ。子供には難しいのではと思ったのに、デイビッドもノエも、とても上手にテープを吹き飛ばすことができて、びっくり。喜んでもっと、もっと!とリクエストが。近くのおもちゃ屋さんに飛び込み、エクストラの紙テープを買う。もちろん、紙吹雪もたくさん買い足した。デイビッドは、ジャングルジムの高いところにあがり、そこから紙吹雪をまき散らしていた。ああ、きれい!楽しい!美しい!!

日曜日

朝ご飯に、自家製グラノーラを食べる。デイビッドは、昨日の残りのピッツェッタ一枚。ゴードンが家にいる日は、子供二人は、彼にべったり。3人で遊んでくれている間、私はたまった洗濯物をたたんで、洗い物をする。とすると、ドアのブザーを鳴らす人あり。戸を開けると、下の階のお手伝いさんが、今朝産まれたばかりの新鮮な卵を子供にいいから、といって届けて下さる。このビルの住人の方々は、お宅の子供のために、といって代わる代わるいろんな物を持って来てくれる。ありがたいな。二人のおちびちゃんも、ありがとう。君たちのおかげで、私達もおいしいものがいただけます。新鮮な卵、きっと、イタリアの家庭では、ザバイオーネを作ったりするのかな、と思ったけど、家には、レモンがたくさんあったので、レモンカードを作ることに。それから、お昼のメニューはカルボナーラソースのパスタに決めた。
朝のおやつ:クラッカーにレモンカードをつけて
お昼:全粒粉パスタのカルボナーラソース、トッピングにはチーズの変わりに茹でた青菜を散らして。青菜(ビエトラ)のアンチョビ風味(アンチョビのオイル漬けが古くて、油の酸化したような匂いがしていたのを知りながら、それを使ったため、新鮮な青菜の味が台無しに。)
野菜が得意でないデイビッドは、パスタの上に乗った青菜を見て、”unpleasant thing!”とコメント。ビエトラも私のミスでおいしく仕上げられなかった。新鮮で本来ならとても美味しいはずの野菜に対して、とても申し訳ない気分に。落ち込む。
午後は、私は、少し家で細々したことを済ませたかったので、ゴードンがおちびさんたちを階段の広場に連れて行ってくれる。スクーター、三輪車、ボールとフリスビーとホッケースティックたくさん道具を持って出て行った。私は、ノエが幼稚園に行くときに持って行くための、籐のバスケットに肩ひもをつける。リリアンで太く編んだひもに、私が昔青森でキハダを使って染めた布のハギレを縫い付け、補強の意味で刺し子風のステッチを。土っぽい雰囲気に仕上がりました。
3人が帰ってくると、カボチャのケーキを焼いて、みんなでおやつ。アクセントにアマレッティを砕いて入れたのだけど、アマレッティクッキー、アーモンドのクッキーと思っていたけど、材料を見ると杏仁が使われている。ゴードンによると、アーモンドもアプリコットも同じファミリーなのだそうだ。もっと詳しく調べてみたい。
落ち込んだ、私。夕食は、おにぎりと味噌汁をしっかり作ろうと思った。おいしかった。家族も皆、よく食べてくれた。
おにぎりは、カブ菜とじゃこ、ゆかり、自家製おかかふりかけの味。味噌汁の具はデイビッドと相談して、大根と紫人参、うち豆とわかめを入れた。紫人参の切り口は、とても美しい。輪切りの人参がまな板に並んで、リバティプリントのパターンになりそうだと思ったくらい。お味噌汁は、この人参のおかげできれいな紫色スープに。
夜、シナモン味の歯磨き粉を作りかけたら、グリセリンが足りなかった。明日、買いに行こう。



来年は一年生

2009.02.19 23:47|未分類
デイビッドは、朝起きてくると頭痛とめまいがすると告げた。額に手を当ててみると少し熱っぽいかな。学校を休ませる旨、電話で伝える。
先週末ぐらいから、急に戻って来た寒さと、空気の乾燥からだろうか。それから、昨日のお風呂はお湯のタンクに十分なお湯がなくって、少しぬるめのお湯につからせたんだった。デイビッドは珍しく寒い寒いと言っていたなあ。
ローズヒップのお茶を出して、蜂蜜をたっぷりと入れて何度か飲ませた。
午前中は、また昨日の続き、羊毛で遊ぶ。私は、クーヨンのバックナンバーを見ながら、てんとう虫や果物を何種類か作る。いい感触。もっともっと羊毛しごとの世界を知りたいな。
そうしているうちに、オーガニックの宅配野菜が届く。3人で、野菜と果物の仕分けをするのは楽しい作業だ。野菜は、種類別に分けて日本の大地宅配で買って来た野菜保存袋に入れる。果物はかごに。今週もまた大量のサラダ菜!スカロラ、エンダイブ、ロメインレタスなど合わせて7株ぐらいあるだろうか。私は冬は生野菜のサラダはあまり摂りたい気分ではないので、もっぱらこれらを料理して食べるけど。でも、毎週おなじもの、これだけの量をこなしていくのは、きつくなってきたなあ。それから、Aコーンスクウォッシュというかぼちゃ、青菜2種(コステ、チマディラーパ)、タマネギ、バナナ、みかんとオレンジたくさん。どれもどれも新鮮。今週もありがたくいただこう。
午後は、足湯をする。子供二人とも気持ちが良いので、ぜんぜんやめたがらない。
夕方、一人でバスにのり学校へ出かける。来年一年生の担任になる先生を紹介する会に出席するためだ。ダニエラ先生は、今年からこの学校にやってきて、会うと「こんにちは」と声をかけ合う程度だけど、初めて会ったときローマで茶道を10年以上もやっていると話しかけてくれたのを思い出す。イタリアと日本の文化、両方美しいけど自由な美、ありのままの美と統制された美、アプローチの仕方が正反対である事、などを巡って少し会話をした。この人が来年から8年間デイビッドの先生になるのか、と思うと、なんだか運命を感じる。一緒に我が子の成長をずっと見守ってもらうことになる。私も親として、先生にアドヴァイスをもらいながら成長できるかな、そんなことをずっとイメージしていた。先生が会の終わりに読んだ詩は、私レベルのイタリア語でもきちんとひろえる簡単な言葉を使っているけど、その世界は美しく、メッセージはとても力強かった。


もっと寒い。。

2009.02.18 21:55|未分類
今日は、晴れていたけど、寒かった。。。。
朝ごはんの後、ノエと一緒にお皿を洗う。小さな手に自分専用のふきんを持ち、お皿を拭いてくれる。
ノエとまたお弁当を持ってシャーラ公園まで行く。12時ちょうどくらいに着いて、お弁当を食べてから、大好きなブランコに思う存分乗る。となりに座った、カリフォルニアから来たばかりという3歳半のアラベルちゃんと英語でなんだか話のはずんでいるノエ。二人で会話はしていないのだけど、共通の話題でそれぞれ思った事を言い合い、なかなか楽しそうだった。また会えたらいいね。公園で遊び始めてから一時間くらいすると、あまりの寒さから家に帰りたいと言い始める。幼稚園のお迎えの時間もあるので、家には帰らず、早めにバスに乗って幼稚園へ向かう事に。途中で、オーガニックスーパーへ寄り、今日のおやつのためにスペルト小麦のチョコレートチップ入りプラムケーキを買った。
幼稚園へ着くと、それぞれの子供のバスケットの上にクラスで焼いたパンの包みを見つける。毎週水曜日のアクティビティはパン焼きで、先生が一つずつ紙ナプキンに包んでくれる。デイビッドがいたずらそうな顔で包みを開けると、中からはパンではなく、カーニバル用のコリアンドリとよばれる色とりどりの紙の小片と紙テープが出て来た。「カーニバルの冗談」なのだそうだ。先生のユーモアにはいつも脱帽だ。
家へ帰っておやつのあと、今日手に入ったニードルパンチを使って、3人で羊毛ボールを作る。楽しい!手仕事の大好きなデイビッドも夢中になってやり始める。最初は1色で、次に好きな色2色のフェルトを裂いて混ぜてみた。なかなかいい感じ。もっとやりたかったけど、あっという間に夕食準備の時間。
お弁当:玄米おにぎり(自家製かつおふりかけ)、ブロッコリの蒸したの、切り干し大根と油揚げの煮物。
夕食:冷蔵庫の整理のためのメニュー。きびフレーク入り全粒粉パン、蒸しブロッコリ、エンダイブ、ビエティーナとカボチャのパイ、グリーンオリーブ、パルメザンチーズ、モッツアレッラチーズ
夕食の準備中、水の中に浮いたビエティーナの根元の切り落としの切り口の美しさにはっとする。


昨日のごはんも書いておく。
朝食:自家製グラノーラ
昼:ピッツァを買う。
夕:はと麦入りごはん、大根の味噌汁、青菜(ビエティーナ)とエビとコーンの炒め物、テンペのシンプル焼き
火曜日の穀物、はと麦。本当は、スープを作りたいけど、うちの子たちはあまり得意でないのだ。「ママは僕のきらいなのばっかり作る!」と一度泣かれた事があるため、ここのところは、楽しく食べられる献立を心がけている。

寒い天気。

2009.02.17 04:18|未分類
週末も月曜日も寒かった。。

土曜日
朝早く、水道工のミケーレが大きな箱を抱えて我が家にやって来た。水漏れしていたお湯のタンクを交換してもらう。古いタンクの中から、合計50キロはあるかと思われるカルシウムの結晶が出てくる。一同唖然とする。
工事は昼過ぎまでかかった。この間に買い物に行くべきだったけれど、出かけたのは午後遅く。聖ヴァレンタインの日、リッチなチョコレートケーキを作ろうと思っていたけど、時間がなさそうだったので、家族みんなにフェアトレードチョコレートを買い求める。ゴードンにあげた、ココナッツ入りホワイトチョコレートがおいしかったな。さらに、夕食もニョッキを買って来て、ゆでるだけにしてさぼろうと思っていたけど、ニョッキを鍋に入れ、少しのつもりで火から放れたら、長くなり、気がついたらニョッキが鍋で粉々に。。。。。。やっちゃった。そうだ、せわしない気分で料理をしてはいけないのだ。結局、ゴードンに近くのピッツェリアまで走ってもらう。

日曜日
朝、いつもの週末のようにパンケーキを焼く。今日のはいつもの粉に玄米粉をミックスして、レモンの皮をすり入れた。それから、果物かごにあるオレンジやみかんを絞りジュースを飲んだ。
昼、そばを茹でる。醤油だれを作って、めんつゆを用意する。にがり作りのドイツ産オーガニック豆腐のパックを開けると、固めだけど、日本の豆腐の味。チーズのような風味のする豆腐も好きだけど。チャンプルにしたらいいかな、と思い、ビエティーナという青菜を豆腐と炒めて、味付けし、鰹節をかける。豆腐の好きでない子供には、青菜のおひたし。ふかし芋も添えるが、食べるのは私だけ。七味唐辛子の入ったガラス瓶が手を滑らして床に落ち、中身が床に散らばる。でも、スパイスでできたいいにおいの絵を見て、星の道のようね、なんて言ってみる私。よしよし余裕があるな。
食後、パンフィーリ公園へ散歩へ出かける。とても寒かったけど、デイビッドは去年の初夏に登ったあの3本のいちぢくの木に登れてご機嫌。
夕食、玄米、大根と麩の味噌汁、天ぷら(エンダイブ、2色の人参とたまねぎ、桜えびのかきあげ)

月曜日
週末にしておくべき掃除をしなかったため、部屋中が散らかっている。こういう日はいいものではない。部屋を片付けるべきなのに、なぜかふと目についた自分のクローゼットを整理し始める。着ない、どうしていいかわからない洋服の多さにがっくりくる。数年前まで好きだった体にぴったりする服やセクシー腰履きのジーンズも履きたくない。履きすぎて膝に穴のあいたジーンズ2本、これも冬は寒いでしょ。しかも裾はぼろぼろになっている。裁縫の腕が高かったら、リメークして何か作れるだろうけどな。これらのもの全部きちんと整理ができたら、気持ちがいいだろうに。
昼 きのうの玄米をあたためて、戻した干しトマト刻んでオイルと一緒に火にかけ、塩加減をみる。これをご飯にかけて、冷蔵庫にあったモッツアレッラを刻みのせる。気まぐれものぐさごはん。
デイビッドの幼稚園の帰り、本屋さんへ行きたいとリクエストされ、向かう。バールでチョコレート入りドーナツのおやつ、私はコーヒーのみ。その後、大通りを歩いて、友達に頼まれていた下着を買い、我が子には、手持ちの物はいつのまにか丈が短くなっていたので、新しいパジャマを買い求める。
夕食 玄米でひじきごはん、根菜と小松菜、モッツアレッラ入り味噌汁、おから煮


ミモザの花束!

2009.02.14 08:51|未分類
ここ何日も、夜8時に子供を寝かせるために一緒にベッドに入り、そのまま寝入っていた。今朝は、朝早起きをして、窓から朝焼けを見ながらこれを書いている。日記を始めると、毎日の出来事を記録に残しておきたくて、逃したくなくなる。けど、もうすでに3日前に書き留めたいと思ったことなど大分忘れてしまっているな。

水曜日
午後、デビちゃんの誘いに乗り、思いつきで段ボール箱を使って家を作る。段ボールを切り開き2つつなげたところにドアをカッターで切り開けただけのもの。でも、二人は大喜び。ノエ「お家にお花とか鳥さんとかいたらいいよね」クレヨンを取り出し、早速お家の壁にお絵描き。デイビッドは誇らしげにドアの横に大好きな水色のクレヨンで「NOE AND DAVID」と表札を。自分の名前を後に描くあたりがやっぱり律儀な彼らしいなあ。天井にプレイクロスを渡してお料理など一通り楽しんだところで、今度はサンタごっこ。「明日はクリスマスだね、楽しみね。おやすみ。」と言ったところで、プレイクロスのお布団をかぶり、寝入ったところにサンタがこっそりプレゼントを届けにやってくる。「コケコッコー」という朝を知らせる鶏の声に目覚めて、プレゼントを見つけ、「わあ!メリークリスマス!」という子供のとても楽しい思い出が基になった遊び。でも、ノエがサンタクロースになると、寝ている子供のところにやって来て「はーい、プレゼント持って来たよー!」とついうれしさを伝えたくて言葉をかけてします。これにデイビッドは不満で、「サンタさんは、みんなに気付かれないように、やって来るんだよぅ。」母さんの私は、二人の気持ち、両方ともわかるわかる。
夕方、ゴードンが出張から帰って来た。ドアに立つ父に、駆寄っていって飛びつく子供二人。夕食後、お土産に買って来てもらったturkish delightsというコーンスターチと果汁、ナッツの色とりどりのお菓子をいただく。
夜、おもちゃのお家の中でパジャマに着替えたいというので、そうさせると。。どっちがたくさん場所をとった、誰がじゃまする、という理由でけんかになる。私が二人を叱ると、ノエは「ごめんなさーい」とケロリ。デイビッドは「ママはどうしてぼくばっかり怒るの~!」。私は二人とも叱ったつもりだけどな。受け止める方はそうじゃないらしい。私の言葉掛けが悪いのか、二人の年の違い、気質の違いもあるよね。難しいなあ。デイビッドは、この後、ゴードンに抱っこされながら泣き続ける。こういう時、同情的な父は一番の子供のなぐさめ。

木曜日
晴れた!たまっていた洗濯を済ませ、ノエと階段の広場へ出る。しばらく三輪車に乗って遊ぶ。あんまりお天気がいいので、お弁当を持って久しぶりにシャーラ公園へ行く事にする。今冬の大雨時に土砂が崩れて外の道路にまで流れ出し、その後管理のためしばらく閉鎖されていたが、最近再開したとのこと。水に浸しておいた玄米を炊き、その間にさつまいもをふかして、ノエのリクエストにより卵焼きを作る。これにはにんじんと粟の粉を入れる。お弁当箱に、玄米おむすびと先のおかず2品に冷蔵庫にあったひよこ豆の醤油煮をつめる。
私がお弁当を作る間、「ねえ、卵焼き食べてもいい?」「まだまだ、公園に行ってから。」という絵本「おでかけのまえに」の一フレーズのようなやりとりを何度か繰り返す。「ママ、このフォーク持ってこうね。」お弁当箱を包んでやると、ノエは自分のリュックサックを取り出して、そこに入れた。「ママ、はやく、はやく~!」
もうすぐ春になったら、幼稚園に行く予定のノエとこんな風にお弁当を持って公園に行く事はあと何度あるかしら。。。なんてすこし感傷気味の母。
公園では、お弁当を食べた後、木の間でかくれんぼをしたり、地面一面のどんぐりを見つけたり、あとは大好きなブランコ!楽しい時間を過ごす。
午後。シンガポールに行っていたおばあちゃまから、昨日絵はがきが届いたので、スカイプをする。その後、デイビッドの音楽クラスへ。ノエは行く途中パッセジーノの中で寝る。疲れてるな。私は、レッスンの間、自然育児友の会の会報にて予防注射についての記事を読む。ホメオパシーの本にて、いかに予防注射に害があるか読んだことがあったけれど、これは自身も自然育児を試みる小児科医による記事。きちんとした医学的知識に基づいたアドヴァイスにうなずく。帰宅が遅くなったので、夕食は、天然酵母の玄米粉と黒豆入りパンに、ハムとチーズ、切り干し大根を好みではさんで食べる簡単な食事。

金曜日
今日は午後から、お友達のHさん親子が遊びに来てくれる予定なので、午前中は掃除をする。ノエは、ここのところ気に入っているDJECOのマグネット遊びをする。その後、病み上がりの疲れ気味の様子で、「いないいないばあ」のビデオを見たいとリクエストされる。家では日常としてビデオ等は見ないけれど、母子がどうしても疲れてしまっているときは、気楽で楽しめるものと思って使っている。画面の中の歌を覚えたり、楽しいお話やトリックがその後の想像遊びの中に思わぬ形で応用されたりすることは悪くない。
私は、食器を洗いながら、お昼ご飯のためのパスタを茹で、午後のためのマフィンを焼く。
ノエは、デイビッドを迎えに行く時もベビーカーに乗りたがり、出発するとすぐに寝入った。やっぱりかなり疲れている様子。幼稚園に早く着いたので、外でしばらく待つ間、他の保護者と雑談。仏教徒のイタリア人父から、最近自宅を売りに出し、数ヶ月以内に新しい家を見つけて出て行かないといけないという話を聞く。自宅を売った額より、不動産屋で紹介される物件の値段が高く、希望の学校付近のエリアに購入可能な家が見つかるかどうか、不安な日々を送っているという。毎晩、お経を唱えて精神を支えているとのこと。フォトグラファーとフルート奏者のカップルで決して収入が高くない家庭で、暮らしは簡単ではないのに子供にシュタイナー教育を与えたいとして並々無い努力をしている二人。励ましの言葉をかけてあげたかったけど、私のこのポンコツなイタリア語力では、あまり気持ちが伝えられないのが悔しいなあ。ショッキングな友人の状況に気持ちがへこむ。
教室へは、おやつの時間のためのはちみつ1キロを差し入れする。デイビッドに、お友達のY君が遊びに来てくれることを伝えると喜んで、「急いで帰ろう!」という。
3時の約束に来てくれた友を、玄関で5分ほど待たせる。遅れて戻った私達を、手にいっぱいのミモザの花束で迎えてくれる。ノエも昼寝から起きたので、3人とも楽しそうに遊んでくれる。その間に、私はHさんとおしゃべり。花束のお礼を言うと、彼女は「だんな様が戻っていらしたときに、あったらいいかなと思って。この家の雰囲気にあってますね。やっぱり持ってきて良かった!」その心遣いとセンスに感動する。まだローマに来て2ヶ月の慣れない地でも、こんな素敵なことがさりげなくできてしまう彼女、尊敬してしまう。飾らなくてチャーミングで、思いやりがあって、行動力のあるHさんとは、元職場の上司の紹介で知り合った。お友達になれてとてもうれしい。今朝も我が家のミモザを見て、幸せに包まれる。作ったマフィンは、すこしパサッとしていたな。金曜日の穀物のオートミールがなかったので変わりに粟のフレークを混ぜた全粒粉とブラウンシュガーのマフィン。リンゴとレーズンを入れた。大きいのをデイビッドは2個、ノエはお友達が帰った後、ゆっくり3個もたいらげる。
夕食は、分づき玄米、大根と人参、わかめのみそ汁、セイタンのシンプル焼き、切り干し大根と油揚げの煮付け。デイビッドは、とても機嫌がよく、いろいろな話をしてくれる。昨日見た夢の話。カップとお皿とお家も全部チョコレートでできていて、それをノエと一緒に食べたそうだ。いーい夢!!幼稚園での出来事も。ノエが食事に時間がかかっている間、私はデイビッドにおはなしのろうそくより「12のつきのおくりもの」を読む。予想通り、気に入ってくれたよう。しめしめ。
ノエは、今日初めて自分から「○○がしたい」と言ってトイレに行った。
ゴードンが8時半くらいに帰宅するというので、子供に今日は特別に起きて待っていて良いと告げる。寝る前の時間には、家族4人で大きいベッドに入り、英語版の「ぐりとぐら」を読む。日本語の原作の素晴らしさは、語るまででもないけれども、この英語版の翻訳も素晴らしく、言葉のリズム感がその楽しさを一層際立たせており、ノエはこの本は英語で読む方が断然好きである。

顔にお絵描き

2009.02.10 23:47|未分類
朝、幼稚園の売店でLYRAのフェイス用の色鉛筆を手に入れる。今年は、デイビッドとノエとささやかにカーニバルを楽しみたいと思っているため買ったのだけど、ノエは家に着くと、早速箱を開け、もくもくと顔にお絵描き。鏡を見てうっとりする様子。フェイスクレヨンの楽しさは、デイビッドのクラスメイト、エヴァのお誕生会で経験済みなのだ。私の顔にも、お絵描きをしてくれる。喜んで二人で一緒に、鏡の前に立つ。私の顔は、おでこに3本くっきりしわのよったばあさん顔!!でも、「ママ、とってもかわいいよ。」といってもらえたので、わたしもにっこり。エヴァがやっていたように、爪にも色をぬる。あららら、まだ3歳になったばかりなのに。
スペイン人のママ友の生後1ヶ月の赤ちゃんが、昨夜熱を出して、風邪をひいたという。まだ小さいのに、かわいそう。。こんな時は、お料理するのは大変だろうと思って、差し入れを作る。といっても、ブロッコリを蒸して、スカロラとチーズの全粒粉パイを焼き、昨日炊いておいたひよこ豆を塩とオイルで味付けするだけ、簡単なものしかできないのだけど。
ノエは、私の料理を少し手伝ってくれた後、プレイクロスを体に巻いて、お気に入りの音楽に合わせて踊り始めた。「くいしんぼうさぎ」、「おばけのてんぷら」を読んで笑う。
デビちゃんを迎えに行く途中、ノエはパッセジーノの中で今日も昼寝。今週は、まだ病み上がりで大分疲れているようだ。
おやつには、ひさしぶりにフライパンでアップルケーキを焼く。ホットチョコレートと一緒に。
私は、梅干しをすり鉢ですり、梅醤番茶を飲む。
夕食は、朝作った野菜のおそうざいに、シンプルなパスタをあわせようと思っていたけど、デイビッドのリクエストにより、ラザーニアを作る事になる。
寝る前に、トルコのゴードンに電話を入れる。デイビッドは、電話の後、「トルコ行進曲のトルコだね」。しばしトルコ行進曲を一緒にくちずさむ。
寝る前のお話には、ノエは「きゅっ きゅっ きゅっ」を、デイビッドはお友達のお母さんに先日譲っていただいた「ながいながいぺんぎんのはなし」を選んだ。

おにいさんのデビちゃん

2009.02.09 21:59|未分類
今日からゴードンはトルコへ出張。しばらくは親子3人のみなので、楽しく乗り切りたい。日曜日は、土曜日の食養生と称した暴飲暴食がたたって、ひどい頭痛に悩まされたが、今日の体調はいいぞ。
朝早く出かけて行ったゴードンを見送ってから子供2人を起こす。朝ご飯に天然酵母のドライフルーツ入りパンをスライスし、オレンジを絞ってジュースを作る。デイビッドは、シリアルが食べたいというので、それを与える。
幼稚園へ着き、デイビッドの仕度が済んで教室へ見送ると、私とノエはトイレへ向かい、ノエはおしっこを。しばらく座っていると、デイビッドがガラスの水差しをもって入って来た。「あら、デビちゃん!」声をかける私。ちょっと照れくさそうな顔を見せる。クラスのみんながおやつの時間に飲むための水を汲んで行くらしい。水差しの中に入った水が十分か確認してから、かなり重そうな水差しを抱え、出て行った。真剣に仕事をするその背中が、とても誇らしかったよ!今年はクラスで一番大きいみんなのお兄さんだものね。
ノエと家に帰ってきて、一緒に小麦ねんどで遊ぶ。ピンクと水色の2色を使って、ホットドッグを作り、私がバナナの紙箱で作ったお皿の上にのせて、2人で食べる。食後はデザートがなくては、ということで、今度はシリアルの空き箱を切って即席でアイスクリームコーンを作り、ノエにアイスクリームをのせてもらう。作ったのは完璧なパーティーフードで楽しい気分が盛り上がる!
調子づいた私たちは、今度は石と和紙を使ってキャンディを作り始める。
ノエの風邪もよくなってきたのかな、久しぶりに朝のお日様が明るく入り込む部屋の中で、創作したいエネルギーが戻ってきたようだ。
お昼ご飯は、簡単にぶどうパンとアシアゴチーズとハムとりんご。私はハムは食べないけど、ノエはおいしそうな顔をする。よかった。ご飯を食べる間に、夕食の準備のため、ひよこ豆をゆで、スカロラの水無し炊きを作る。
幼稚園のお迎え。今日は久しぶりにお天気がいいので、ママ友達のサブリナと久しぶりにおしゃべり。
その後、2人が公園にイキターイ!というので、Villa Bonelliで遊ぶ。マルゲリータとオオイヌノフグリの花を見つける。また春をみつけた。今年は早いな。
家に帰り、早めにご飯を食べて、お風呂に入ったので、いつもよりたくさん本を読む。満月のきれいな夜である。読んだのは、「じゃあじゃあびりびり」、「へんてこライオン」、「せんたくかあちゃん」、「ぶたのぶたじろうさん」の「いどほり」。もっと読みたかったけど、また明日ね。

私の小麦ねんどの作り方
小麦粉1カップと塩半カップ、植物オイル大さじ2、ベーキングソーダ大さじ2ほどを鍋の中で混ぜ、その中に水1カップほどを徐々に加える。これを中火にかけながら、ねんど状になるまで木べらで絶えず混ぜる。火を止めて、ボウル等にあけ、程よい固さまでこねる。好みの材料で(色紅やココア、野菜の汁など)色を付けると楽しい。


幼稚園の教室では、子供達が色とりどりの毛糸の輪っかをつなげてチェーンのような飾りをつけて天井から飾ったようだ。デイビッドは自分のやった分と一番の仲良しのシモーネくんの分とを先生がくっつけてくれたんだよ、と話してくれた。そして朝のおやつはフラッペだったんですって。




家族で食養生へ

2009.02.07 22:12|未分類
今週は、子供二人が体調を崩した。週の初めから疲れている感じだなあ、と思っていたけれど。。当然あまり食欲もない様子。
土曜日は、朝から雨降り。二人の子供は外ではよく食べるので、近所のレストランへ行く事に決める。向かう途中の道には、ミモザの花が見られる。この冬は雨ばかりだったけど、確かに気温は暖かくなって来ている。春はもうすぐそこだな。
茹でてオリーブオイルと塩で味付けされただけの豆、野菜、ズッキーニとエビのパスタ、マチェドニア、全部普通のものなのに、うなるほどおいしい。私も家で似たような物を作るけど、伝わるパワーが全然違う。
最近「私って毎日なんだか決まった物ばっかり作って、レシピの幅が広がらない!」となんとなく不満に思っていたけど、こういう力のある全うな物を食べると、私も品数より一つ一つの当たり前の物を素直に作れるようになりたい、と改めて思う。シンプルでうそのない力強い料理!

節分2009

2009.02.04 07:12|未分類
昨日は節分。お昼ご飯を食べた後、3人で鬼のお面を作り始める。デイビッドは、私の赤鬼を見ながら、自分の黄鬼にいろいろな色を使ってなかなか凝った顔を描く。ポヨーンとしたかわいい印象の顔なので、つい「かわいいね!」というと、「こわいでしょ!」と本人。
ノエも、わたしたちの様子をみると、クレヨンを手にとり、静かに何か描き始める。できあがったのは、なんとも素敵なうさぎさん。口の形が左右対称のなかなか複雑な細工模様になっていて、こんな形がどうやってこの子の手から出て来たのかと感心する。
2人のお面の目に穴をあけて、ゴムひもを通してあげると、確かにデイビッドのお面は独特の雰囲気でかなり怖い。。ノエは、「ぴょーん、ぴょん」と跳ね回る。
「ノエちゃん、でも、うさぎだったら豆投げられないじゃない」とデイビッドは不満だけど、ノエは気にしない。
仕事が忙しそうだったので、今日はダダと一緒の豆まきは難しいかな、と思っていたけど、うれしいことに夕方早くに家に戻って来てくれた。
みんなで、のり巻きをかぶりついたあと、順番にそれぞれ思い思いのお面をかぶり豆まきをする。子供二人は大喜び!何回も何回もやろうとせがまれる。
年の数のピーナツを食べる。子供は自分の分が終わると、健気に父と母のために殻を割ってくれる。必死で数を数え、食べ続ける大人達。なかなか終わらない。。
ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。