スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み一日目 ビーチで風に吹かれる。

2008.06.15 01:32|未分類
金曜日で幼稚園は終わり。午後、毎日子供達が歌うお別れの挨拶に私たち父兄も招待される。時間になるまで、廊下で待つ。母親だけでなく、両親で来ている家族が多い。うちももちろん、家族全員で参加。教室へ入ると、子供達は輪になっていすに腰掛けており、それぞれ自分の子供の後ろに立ち、私たちも輪を作る。デイビッドは大の仲良しのシモーネくんの隣。真ん中には、赤いろうそくが灯されている。先生と子供達は静かにいつものお別れの歌と詩を唱える。子供達が各々両隣の子と手をつないで輪をつくると、私たちもそれを囲むようにお母さんお父さんと一緒に輪をつくる。なんだか心がつながるようで、じ-んとする瞬間だ。私たちは子供達を見守る大きな家族みたいだなと思う。今年一年描いたクレヨンと水彩の絵、機織り機で織った布をバッグに仕立ててもらったもの、先生からの押し花付きの詩を教室で子供と眺め、少しお菓子をいただきながら、先生にお礼を言って、他の同士達にも夏休みへのあいさつをする。
朝ご飯 昨日焼いたリンゴとすもものケーキ
昼ご飯 玄米雑炊
おやつ コケコッコージェラテリアでジェラート。子供二人にはリクエストによりおまけ付きコーンを注文。デイビッド、オレンジ風味のダークチョコレートとミルク。ノエ、チョコレートといちご。
夕ご飯。ほうれん草とリコッタのラビオリ、チェリートマト。食後はイチゴ。

土曜日。夏休み第一日目。今日は、昨日約束していた通りデイビッドのクラスメートのシモーネくん、ガブリエッレくんの家族と一緒にオスティアのビーチへ。デビちゃんは昨日幼稚園から持ち帰った手作りのバッグにサングラスとサンスクリーンを入れて用意。電車の駅まで、シモーネくんとお父さんが迎えに来てくれる。ビーチへ着くと、少し風が吹いていて気持ちがいい。高い波。ほとんどの人は、ビーチ中程の建物の影に陣取って風をしのいでいるが、カナダ×日本人の我が家は、水の中へ直行。海へ来たら、水に入って遊ばなくては!でも、濡れた体が風に吹かれ、だんだん寒くなってくる。気がつくと、風も前より強くなってきたか。洋服に着替え、お昼を食べる事に。その後は、子供達は砂で遊んだり、ビーチに停めてあるボートにのって遊んだり。海の風はとても気持ちが良く、水の中にあまり入れなくても、とても楽しい時間だった。
朝、リンゴとすもものケーキ、昨日バールで買ったコルネット
お昼ご飯は、シエナのプロシュート、プロヴォローネ、きゅうりのパニーニ。
夜ご飯、ファーロのパスタビアンカ、塩揉みきゅうり、チェリートマト。食後はいちご。
ここ何週間か、あんまりろくなものを作っていないなあ。今週は、夕方まで遊びに外出している日が多く、簡単なものばかり。でも、全粒穀物を摂る事だけは心掛けている。
スポンサーサイト

朝寝坊!

2008.06.13 05:54|未分類
今朝、全員目が覚めたら8時半!だった。デビちゃん急いで幼稚園へいく支度を。疲れていたのと、昨日の夜ベッドに入ったのが遅かったこと、雨が降っていて、朝日が入ってこなかったことが理由。うちには目覚まし時計がない。幼稚園はもちろん遅刻。でも後で聞くと、クラスの大半が今日は遅刻だったそうな。
デビちゃんとゴードンが出かけた後、部屋中に広がるラベンダーの香りに気がつく。デイビッドが昨日持って帰ってきたポプリだ。夏の季節のテーブルに飾ってある。
今日は幼稚園の帰りに、事務局で学年の最後にプレゼントを買ってあげる約束をしていた。デビちゃんが選んだのは木でできた大砲。小さな玉が付いてきて、バネで本当にしかけが働くのだ。ノエには、木のめん棒。おもちゃだけど、本物のように使えるもの。プレイドウで遊ぶ時に。それから、2人に蜜蝋粘土を2つずつ購入。ここでは、木製のおもちゃが手頃な値段で買えるのでとてもうれしい。全部買って17ユーロ弱だった。そして、オーガニック苺をまた2キロ買う。こちらは7ユーロ。
午前中は雨のため買い物に行けず。家にいつもなら少しあるストックの食材も、来週の日本行きを見越してほとんどない。乾物を使ってのごはん。
お昼ご飯は、ドライドトマトのソースのフジッリ
夜ご飯は、5分つきのご飯、大根とじゃがいもの味噌汁、チキンの生姜しょう油焼き、切り干し大根のサラダ。食後にたくさんの苺。
今はちなみに明日の朝のために、リンゴと野すももの入ったケーキを焼いているところ。ブラウンシュガー、シナモン、オートミールを入れて。

ティーパーティーへ

2008.06.12 05:46|未分類
水曜日。デイビッドは、朝、昨日の晩に一人でもくもくと描いたSNAVボートの絵とたくさんの車が集まってくるピアッツァの絵を先生に渡すといって、家を出発する。
幼稚園では今日ラベンダーのポプリを作ったよう。きれいなレースにまだ草っぽいにおいのする花がたくさん包まれている。いい匂い!ラベンダーは私の大好きな夏の香りだ。初めて一人暮らしをした札幌の小さいアパートに、ラベンダーのドライフラワーを飾り、夏一杯その香りを楽しんだっけ。
午後、今日は、クラスのみんながマイアとイアンのお家におやつのパーティーに呼ばれているのだ。一同そろって、車でサンサバ通りのお家まで移動。私はスーパーで買ったオーガニックチェリーを持って行く。お家へ着くなり、デイビッドは友達とどこかへ消えてしまった。ファンキーで素敵なお家。テラスに続く広くて明るいキッチン件リビングルーム。高い天井からは大きなラタンの照明がかかっている。壁の色はオレンジ。その他の部屋もドアと壁が全部違う色に塗ってある。ノエは前半はずっと私と一緒に遊んだけれど、途中から他のお友達と楽しく過ごしていたようだ。私のところに全然戻ってこないので、時々様子を見に行く。手を貸してくれたお姉さんに「グラツィエ」なんてしっかり言っている。私も、ゆったりとテラスでほかのお母さんと話をする時間がもてた。気持ちのいい午後。

海でいい顔

2008.06.12 05:23|未分類
火曜日。幼稚園の帰りに、クラスの友達のガブリエッレくんとシモーネくん、その父兄と一緒にオスティアへ。ガブリエッレの車に私たち3人も乗せていただく。デイビッドは仲良しのシモーネと浮き輪を使って水の中で泳ぎ出す。普段だったら私たち大人の手をひきたがるところだけど、今日は違う。勇気をもって水の中でどんどん自分の力を試す。ノエも私の手につかまって、波と一緒に遊ぶ。浮かんだり、跳ねたり。「ママ、もっと!」波が来て水が口や鼻の中に入っても泣きもせず。「しょっぱーい!」と一言。しばらくして、デイビッドとシモーネがぶるぶる寒そうだったので、砂の上に上がって休憩するように諭す。私は、またノエと水の中に戻ったけれど、しばらくして2人をみると砂の上でごろごろ転がっている。砂まみれになって、なんだかとってもいーい顔!をしていた。子供のこういう顔を見るのが一番だなと思う。
ガブリのお母さんアントネッラによると、オスティアのプライベートビーチでロッカーとパラソルを4月から9月までほぼ半年間借りるのにかかるお金は1008ユーロだそうだ。夏は家族でずっとここに通うらしい。私達は、その何倍かのお金をかけて2ヶ月半、遠い国へ帰るのだ。。
私たちはみんなより早めにビーチを発ち、電車でピラミデまで行く。平日で子供を過度に疲れさせたくないので、そこからタクシーに。家に着いたのは7時。ゴードンが、仕事帰りにテイクアウトの料理を買ってきてくれた。助かります。白身の魚とジャガイモ、ズッキーニをシンプルに塩とオイルでオーブン焼きにしていたのがおいしかったな。

もうすぐ夏休み

2008.06.10 04:34|未分類
今週がデイビッドの幼稚園、学期最後の週だ。昨夜はコンサートのため、帰宅、ベッドに行く時間が遅かったため、朝起きるのが辛そうだったデイビッドも、「今週が最後!」といって元気に出かけて行った。私も、来週の日本への里帰りに向けて、出発前に済ませなければならない事のリストを作る。今日はクリーニング屋に預けておいた洋服を取りに行こう。ベッドの掛け布団を出発前に洗いにかけたいと思っていたけど、今年は肌寒い初夏のため、まだ使っている。
朝食には、ノエのリクエストに応え、きな粉とレーズン入りの蒸しケーキを。
その後、ノエは床に座り、ティーセットのおもちゃで私と犬のぬいぐるみにお茶をサービスしてくれる。ミルクと砂糖入りのお茶に、チョコレートもいただいて、気の利いたノエちゃん。木のブロックがお皿になったかと思ったら、今度はそれがおにぎりになり、布に包んでお弁当にしてくれた。おりがみを取り出し、三角形を折った。耳を折って、犬のできあがり。くりくりお目目のニッコリ顔をクレヨンで書き入れる。今日は、口の部分をカーブさせるように書いた。ぬいぐるみを布団の上に何匹も寝かせて、毛布をかけてあげる。クレヨンがおいしい食べ物になり、起きた子供達を座らせ、食べさせてあげる。
次から次へと遊びが出てくる。小麦粘土でも、遊ぶ。子供は本当に遊びに一生懸命だ。心で遊んでいる。私も同じように魂で遊びたいけど、ああ、クリーニング屋へ行かなくちゃ、お昼ご飯はどうしよう?なんて雑念がどうしても頭に入ってくるもの。
お昼ご飯は、あおさ入りの玄米雑炊とチェリートマト。トマトはとても甘い。
幼稚園へ向かう途中に、某大手スーパーマーケットで少し買い物をし、bioチェリートマトをもう一パック買う。今日はbioのメロン、チェリー、桃、ネクタリンなど果物がたくさん並んでいた。
ノエは帰りのバスの中で、チェリートマト半パック250g相当を食べてしまった。100gのトマトには、大人が毎日必要なビタミンA,C,Eが入っているらしいから、トマトのおいしい季節には家族みんなでたくさん食べたい。マクロビでは陰性の強い食材とされていますが。
夕食は、そば米入りひじきごはん、ジャガイモとグリーンピースの味噌汁、鮭の味噌漬けを焼いたもの、フェンネルのきんぴら、アグレッティ(おかひじき)の塩ゆで。
ここ最近は、体調の不良から始まり、しばらく料理をするのがとてもおっくうになっている。食の乱れは体調を崩す。家族の為に食を正さなくては。
食後は、デイビッドとブラウニーを作る。明日、幼稚園のおやつのために持って行くためだ。いつもは、甘さ控えめのお菓子ばっかりつくるけれど、今回のは夏のお祝いだから、お砂糖たっぷり甘ーいお菓子にした。ボウルに残ったチョコレート生地をなめるデイビッドとノエ。顔がすっかりチョコレートまみれに。

週末は近所で

2008.06.09 16:55|未分類
この週末は、私もゴードンも体調がよくないので、モンテヴェルデで過ごした。
土曜日のお昼は、コルティーレに行く事に。デイビッドはいつものとおり大喜び。レストランでお食事するのが大好きなのだ。以下は注文したもの。
アンティパストのブッフェ二皿分*各々が好きな物を大テーブルに乗ったアンティパストの品を選んでよいが、私たちは、ゆでたアスパラガス、ブロッコリ(ノエの好物のため)、白い花豆、ブラックオリーブ、ローストした春タマネギ、ズッキーニとペペローニのパン粉焼きなどを食べる。
新鮮なマグロとケーパー、チェリートマトのソースのスパゲッティ(ゴードンとデイビッド)
タコのラグのニョケッティ(私と野衣)
ジャガイモのフライ(子供たち)
子羊のスコッタディート(もちろんゴードン)
クレーメ カラメル(カスタードプリン、かなり焦がしたカラメルとフルフルのカスタードが絶妙なのだ。)3つ
レストランの後は、その足でヴィッラ シャーラへ。二人で鳩を追いかけて遊ぶ。ノエはブランコ、デイビッドは古い石のベンチに座り、ヴィンテージの子供向けローマガイドブックのテキストの写し書きに熱中。自分のところへよって着た小さい子へ、にっこりと自然な笑みを浮かべるデイビッド。その子がいたずらしてページをめくったりしても、軽くかわす。我が子の成長ぶりに感心する私。
夜ご飯は、久しぶりに和食の粗食。ごはん(5分つき)、ジャガイモと大根の味噌汁、ひじきの煮物、キュウリと味噌。

日曜日。
朝ご飯に、ポレンタとヨーグルトのケーキ。
雨が降って来たので、外に行けない。掃除をすることに。ベッドルームとバスルーム。バスルームは、日頃最小限の掃除しかしていないので、汚れが溜まっている。窓を拭いて、バスタブの周りのタイルを歯ブラシを使って重曹と石けんで磨く。途中からデイビッドとノエも手伝ってくれて、楽しく水遊び件お掃除。
6時からは、デイビッドの通うAIGAMで、年の終わりのコンサートレッスン。家族で出かける。今日はクリスティーナの他にもたくさんの先生が。フルート、ドラムセット、クラシックギターの楽器と声を使っての音楽。私も、先生達の歌う音に加わり適当にハーモニーを重ねる。この音楽クラスは、私にとってもとても楽しいのだ。子供の頃から学生時代はずっと音楽を続けて来たが、その後、他の事がやりたくなり、楽器は止めていた。私の今の音楽は、子供と童謡、わらべうたを歌ったり。この音楽クラスからは、子供だけではなく私もたくさんの刺激を受ける。言葉のない歌と体の動きでいろいろな音楽のパターンを表現する。お子様お子様していなくて、好きだ。3歳以上の子供のレッスンに親は同伴できないのが残念。秋からから、ノエと一緒にやりたい気もするな。家計予算と相談だ。デイビッドはコンサート中は座ってじっとしていたが、帰り道、早速はじめて聞いただろうフレーズを口ずさんでいる。そうか、この子は集中してメロディーを吸収していたのだ。ノエも同じだ。私が、歌うわらべうた、童謡はその場では必ずしも私と一緒に歌わない。後になって、散歩の間、バスの中に座っている間、気分によって自分の中に貯めておいた歌を、ひょっと歌いだす。

親子でいちごジャム作り

2008.06.07 05:42|未分類
デイビッドを幼稚園に迎えに行き、家でみんなでおやつを食べた後、学校で共同購入したオーガニックの苺を使ってジャムを作る事に。いちごを洗い、子供二人にはそれぞれのまな板と子供用包丁(ノエにはカトラリーナイフ)を与え、適当な大きさに切っていく。デイビッドは私が教えたようにヘタを取る時に果肉をたくさん一緒に切り落とさないように注意している。ノエは最初は大分集中していたが、途中からは切るより食べたくなった様。気持ちはすごく分かるな。とてもいいにおいだもの。1キロ分の苺にレモンときび砂糖を加え寝かせる。
デイビッドが、紙に書いて私にみせてくれたもの、それは幼稚園の朝のあいさつの一部だった。2人で一緒に歌い唱える。あーあ、このsaluto、心に響いてなんだか涙が出そうになった。
Ding Ding Ding Ding Che Salut'ogni Bambin Ding Ding Ding Ding
Intorno a me, vivono molti esseri. Intorno a me, ci sono tante cose.
ノエは、おむつを外し私が汚れた洋服を洗っている間に、私が着替用に出しておいたサマードレスのボタンをきちんと閉めて着た後、新しいパンツが見あたらなかったため、自分で考えてそれが閉まってある場所に取りに行き、それを一人で履いたようだ。また一回り大きくなるのね、あなたは。
| 2008.06 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

makura

Author:makura
9歳の長男、6歳の長女の子育て中。シュタイナー教育に学びながら自分スタイルの育児・暮らしを模索する毎日。

これは毎日のご飯と子供の遊びを気まぐれに綴る私の日記。後で振り返って楽しめるように。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

フリーエリア

さようなら原発1000万人アクション

ブログ内検索

お気に入り

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。